プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆Merry X'mas★
20111225_xmas_01.jpg

さてさて、ちょっと前になりますが今年も12月の恒例イベント
「東京ミネラルショー」に行ってまいりました。

今年は何故か黒っぽい鉱物にやたらと目が行ったのですが、
最後の最後で心を動かされたのが、写真のコベリン。
メタリックに輝く深いブルーに迷いも吹き飛び、
今年はこれだーッ!
と、ご購入^^;;

角度によって色味が変わって見えるのも魅力です。

20111225_ covellite_02

20111225_ covellite_01

20111225_ covellite_04

20111225_ covellite_03

ミネラルショーの時期が来ると、今年も終わりに近づいている
んだな~、とつくづく実感します。
今年は女性の来場者が多かったかな?

小さくなった消しゴムサイズの原石がン十万円もするかと思いきや、
その隣では顔よりも大きな水晶の塊を「スペシャル プラーイスッ!」と
1万円でやり取りしようとしているなど、相変わらず会場内は見ている
だけでも面白い^^
しかし、鉱物は難しいな~~。
行く度に、見るたびに奥の深さを感じます。

スポンサーサイト
今年のミネラルショーでGetした鉱物です。


↑↓天青石
20091213_2009-mineral_01.jpg

20091213_2009-mineral_02.jpg
アクアマリン


続きを読む »

20091206_ mineral_01
12月と言えば『ミネラルショー』
今年もそんな時期になったんだな~~。
一年が過ぎる早さにシミジミしながらもワクワク♪
今年は過去最大の出店規模という事で、期待も膨らみます。

原石やパワーストーンなど、石に興味がある方は一見の価値ありですぞ!

会場は池袋サンシャインシティ 文化会館。
14日(月)まで開催。
詳しい内容はコチラのHPをどうぞ(^ー^)/

■2007年のミネラルショーの記事■


週末の2日間、池袋のサンシャインシティで開催された
『東京ミネラルショー』へ行ってきました。



今回手に入れたのは2種類の鉱物。

まずは「フローライト(蛍石)」。
紫外線を当てると「光る」という性質を持っていて、ブルーの他にも様々な
色があります。
不純物がほとんど含まれていない透明なフローライトは、特殊光学レンズの
製造にも利用されているというのは、有名な話しですよね。天体望遠鏡やカ
メラのレンズを加工する際にガラスと組み合わせることによって、色のにじ
みが少ない高性能なレンズを作りだすことが可能だそうです。
20071216_1216mineraru_02.jpg


そして、こちらが大本命の「ファントム クォーツ(山入り水晶)」
地殻変動などで、いったん成長が止まっていた 水晶が再度成長を始めたり、
成長速度が一定でなかった事によってできた跡が見られる水晶です。
結晶の内部に生まれた、木の年輪のような山形の模様が、ファントム(お化け・
幻)と呼ばれる由来です。
20071216_1216mineraru_03.jpg

20071216_1216mineraru_04.jpg

広い会場を一体何周したんだろう?
歩き回って、手に取って、吟味して・・・
足はパンパンです^^;;


20061217181125.jpg

土曜日に池袋で開催中の『東京ミネラルショー』へ行ってきました。
知らないことって沢山あるんですね~(^^;;
コレだけ大規模な即売会が毎年あったなんて…。

いわゆるパワーストーンが、文字通り溢れんばかりに並び
会場は熱気ムンムン!と、いったところ。
初めて目にする鉱物に溜め息、目を奪われる程の巨大水晶
に溜め息、そして古代の生物を封じ込めた化石や琥珀にこ
れまた溜め息。
とても充実した時間が過ごせました(^-^)
一度買った入場券(大人800円)で、4日間の開催中出入り自
由というのも凄い!

しかし、あれだけあると自分と「相性の良い石」に巡り会う
のも至難の業、て感じですかね(^^;;
ちゃっかり買いましたけど。

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。