プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


土曜日に裏高尾(高尾山)へ行って来ました。
一年振りの高尾と張り切って起きたのに、どんよりとした曇り空。
20度を超える気温が続いたこれまでとは打って変わって10度前後
の肌寒い日。
山を登れば更に気温は下がり、あまりの寒さにズーッと背中を丸め
てる状態でした。久々に鼻水も垂れるってもんですわ。

↓でコレ、オオルリなんですけどね、曇りで暗いし、遠いしで切な
い写真になってしまいました(TーT)
20080427_uratakao-ooruri_01.jpg

木々の葉が開き、鬱蒼とした山で小さな鳥達を探すのは至難の業
ですね。
声ばかりで一向に姿を拝む事が出来ません。
そんな状況で、一際通る声で縄張りを主張していたオオルリ。
やっと目に付く場所に!と思いきや・・・遠過ぎるぜ。

20080427_uratakao-ooruri_02.jpg

終いには雨まで降り出し、何だか散々な今シーズン初の高尾山でした。


変わって日曜日。
昨日とは逆に、なんて素敵なお天気ざんしょっ!
定番のポイントに行ってみたら、キビタキが来ていました。
20080427_kibitaki-minuma_01.jpg

20080427_kibitaki-minuma_02.jpg



スポンサーサイト
20070423_sumire_04.jpg

高尾山特有のスミレだそうです。
スミレって全部同じに見えるので、何がどう違うのかサッパリです^^;;
葉っぱで見分けるのが手っ取り早い方法らしいですが、教えられて納得
できるものとやっぱり「解らん!」というものが有り、とても素人には
見分けがつきません。
スミレマニアには、そこがまたたまらない魅力なのでしょうね~!
で、この高尾スミレは、他のスミレとハッキリとした差があるので、
こんな私でも一度で習得。
そう、葉が黒っぽいんです!
この明らかな違いが特徴なので、見つけるのも簡単(^_^)b
という以前に、いっぱい咲いてました^^;;
高尾にしかない!と、言われるからには探さないとダメなのかと思って
いただけに、ちょっと肩すかしを喰らった気分。
(いやいや、いっぱい咲いているということは素晴らしいことです!)

続きを読む »

20070423_takao_01.jpg

久しぶりに高尾山(裏高尾)へ行ってきました。
着いた早々に出迎えてくれたのが・・・

ooruri.jpg

オオルリです!
勿論、初見です。物凄い感動でした\(T▽T)/
しかも、オスが2羽並んでいる場面に遭遇です!!
レンズの都合で2羽をファインダーに納めることは出来ません
でしたが、証拠写真ということで^^;;

夏鳥は南風に乗ってやって来るそうです。
なんともポエジーですね~。
この日は(先週の土曜日)まさに南風!
到着したばかりなのか、残念ながらさえずりを耳にすることは
叶いませんでしたが、目の覚めるような濃いブルーが印象的で
した!!!
オオルリに遭遇できるとは露程も思っていなかったのですが、
気絶しそうなほどの眠さに絶え、早起きした甲斐があったよう
です^^
20070423_takao_02.jpg

<イチリンソウ>
20061212081608.jpg

今朝、高尾山に熊が出没した、とニュースでやっていた。
「えっ、高尾山で?!」
とても意外なニュースに感じた。
これまで、そしてこれからも熊の心配がない山としてのイメージが
強かったので、ドッキリです。
目撃されたのは仔熊ということですが、仔熊がいるということは、
当然親熊もいるということ。
来年からは熊鈴必須で行かなければ(^^;;

そういえば、先日裏高尾を歩いていたら、獣が地面を掘じったか、
地面で体をこすったような跡がありましたっけ。
イノシシだろうと思っていましたが、ひょっとして……(;□;)!!
20061205175452.jpg

先週、先々週と2週続けて裏高尾へ行ってきました!!
紅葉のピークも過ぎ、足下はさながら落ち葉の絨毯! 歩くたびにカサカサと
乾いた音が鳴り、せっかく近くまで来た野鳥が逃げてしまうのでは…と、忍び
足での歩行もしばしば(^^;;
先週見ることができたエナガ達に、今回も同じような場所で会えてまさにウキ
ウキでした。
写真は全然ダメなので野鳥撮影は諦めていますが、帰り際に突如目の前に現れ
たコガラだけは本当に惜しかった!
あまり人を恐れない、という情報通り、かなり近くまで寄っても平然としてい
るラブリーな様子をカメラに納めたかった(T∧T)

20061205175509.jpg

今日は一段と寒さが厳しく感じる朝でしたが、山の鳥達は大丈夫だったかな?
ウチの文鳥ズは温かい室内に居るにも関わらず、体を丸めてる始末(^_^;;
日向ぼっこも嫌いな変な鳥です。

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。