プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20061031_06_01.jpg

日本でもかなり浸透してきたハロウィーンは、ケルト人の収穫感謝祭
がキリスト教徒に取り入れられたものだそう。
しかし、クリスマスのような盛り上がりに今一歩近づけないのは、中
途半端な時期が原因なのか?それとも、クリスマスのようなロマンチッ
クな要素がないからか?
いずれにしても、毎年パッとしないまま終わってしまう気がします。

ところで、このハロウィーンの夜には死者の霊が家族を訪ねると信じ
られていたそう。

続きを読む »

スポンサーサイト
20061030_haru_01.jpg

一時期、粘土細工にハマッていたことがありました。
写真は、1歳になったばかり(?)の甥っ子がモデル。
夫の実家に帰省した際、近くの公園へ散歩に行ったときの
光景をジオラマちっくに仕上げてみたものです。

棒切れで地面に絵を描くところを見せると、それを真似して
無心に線を描いている姿が可愛らしく、形に残したい!と、
思い作ったひとつ。

続きを読む »

「川の宝石」とも呼ばれる美しい羽を持つカワセミ。
日本の愛鳥家達に最も愛されている鳥、と言っても過言ではない
でしょう。美しい写真を掲載するHPも沢山あり、その愛されっぷ
りが良く解ります。
かく言う私も、カワセミの大ファン(^^)

生まれて初めてこの目でカワセミを見たのは渡良瀬遊水池でした。
しかし、弾丸のごとき勢いで飛び去って行くわずか3秒の出会い。
居た!と、いう感動と、初めて見た!と、いう満足に浸る間もない、
まさに一瞬でした。
それでも、「出会えた」という喜びに胸がいっぱいで、幸福感に包
まれたのを覚えています。
20061027_IMG_1802.jpg

続きを読む »

20061022_IMG_1738.jpg


これは夏頃に作ったストラップ。
昆虫採集を趣味にする夫が、持ち歩く懐中電灯にストラップを付けたい。
と、言うので作ったものです。
ガッツな感じのジグザグ編みで仕上げてみましたが、ダメ出しをくらい
タンスの肥やしになっています。

手首がスポッと抜けてしまうから、と言うのがダメな理由。
つまり「デカ過ぎる」ということです。
そのため携帯に付けることも出来ず、いつ訪れるか解らない日の目を見る
時を今日もタンスの中で待ち続けています。
(果たして来るのか、そんな日が!)
20061015_DSC_0012.jpg


犬、猫に夏毛・冬毛と毛の生え替わりがあるように、鳥にも夏用・冬用と、
羽の生え替わりがあります。
普通は徐々に抜け替わっていくのですが、我が家のサクラ文鳥は何故か尾
羽だけがゴッソリ抜けます。
初めて見たときの驚きたるや…まさか、ストレスによる自傷行為なのでは!
と、かなり心配しました。



続きを読む »

季節外れではありますが、蝉の姿を見ると必ず思い出す光景
があります。

寿命が尽きる寸前に地面へと落ちてくる蝉。
ジジジィ~~~、と鳴きながらクルクル回るその姿は、哀れ
さえ誘います。

そんな蝉を嬉々として待っている存在が私の傍らに1匹。
20061022_DSC_0012.jpg

続きを読む »

ヘンプを編んでいるとき、なにやら糸の先をクイックイッと引っ張る
モノが…。
思うように糸が取れないと「クルルルルーッ!」と、苛ついたように
少し甲高い声を発し、更に力を込めて引っ張るそのモノの正体は……
我が家にいる2羽の手乗り文鳥!
20061022_IMG_1756.jpg

普段から籠の扉を開け放しているので、好きなときに出たり入ったり、
自由にしています。
そんな状況下で、無心でヘンプを編んでいると、時折このような邪魔
が入ることも(^^;;

続きを読む »

夏の初め頃に美容室へ行ったときのこと。

現在住んでいる場所でお気に入りの美容室が見つからず、アチコチ
さすらった末に飛び込みで入ったお店。
カット台へ通されるやいなや、目の前に週○女性や女性セ○ンなど、
いわゆるゴシップ誌ばかりを数冊ドーンと置かれました。
コレはいったいどういう意味なのでしょう?
わずか1年前まではファッション誌を出されていたのに、今目の前に
はゴシップ誌だけが当然のように置かれているこの状態って…。

同世代の友人達からも「そうそう!」と、聞き、ムムム……。
見るからに三十路を過ぎた女はゴシップ誌にしか興味ない、と美容師
達は本気で思っているのでしょうか?
それとも、三十路を過ぎたお客には「ゴシップ誌を出しましょう!!」て、
マニュアルでもあるのでしょうか???
この美容室には、二度と来るもんか!と、思ったのは言うまでもありま
せん。



パワーストーンの中にチベット天珠、という種類があるのをご存知でしょうか?
石に詳しい人からは「当然!」という声が聞こえてきそうですが、私がこの石の
存在を知ったのは約1年前。
パワーストーンを専門に扱うショップで目にしたのが最初です。
20061016_IMG_1653.jpg

続きを読む »

ヘンプ編みのアクセントとして使いたい天然石(パワーストーン)。
使用するヘンプ糸の色や仕上がりのデザインに合わせるのも手ですが、
やはり石が持つ独特のパワーを身につけたいもの。
多くの天然石の中で、特に心を惹きつけられる石が相性の良いもの、と
聞きます。たぶん、自分の心理状態や置かれている状況によって、惹き
つけられる石の種類も違ってくるとは思いますが、一瞬の閃きに似た喜
びが天然石との出会いにはあるように感じます。
20061016_IMG_1652.jpg

続きを読む »

一本の糸だけでも様々な表情が楽しめるヘンプ編み。
一方、数本の紐を組み合わせて幾つもの柄や形を生み出す組紐。
どちらも紐を編む(組む)という手作業ですが、知るほどに奥の
深さを感じずにはいられません。
20061016_IMG_1676.jpg

続きを読む »

披露するほどのものではありませんが、挨拶代わりにこれまでに作ったストラップを
紹介させていただきます(^^;)
これまで「何かを作る」という事に興味はなかったのですが、ヘンプ編みに触れてから
というもの「作る」楽しみに開眼!
はじめたばかりの頃は、出来映えの良かったモノを即友人or家族に進呈しまくるほどの
浮かれっぷりでした。
20061016_IMG_1687.jpg


続きを読む »

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。