プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tel.jpg

世間の人は、携帯をどの程度のペースで買い替えているのでしょうか?
新し物好きな人は、新機種が出るごとなのかな?
携帯に限っては、壊れるまで使うタイプは少ないと思えるのですが、
実際はどうなのでしょう。
と言うのも、先月あたりから私の携帯が挙動不審になってきたので、
これまた買い替えなのか?と、ガックリ膝をついている状態です…orz

持ち歩いている際に、誤作動を防ぐための機能「キーロック」というの
があるのですが、この機能が作動→解除を勝手に繰り返し、勝手に電池
を食い、勝手にパワー切れになる始末。

最初は「おや、なんで画面が明るくなってるんだ?」と、小首を傾げる
程度でしたが、機能をONにしていないのにキーロック・マークが出てい
たり、次第に勝手な行動が多くなり始めました。
今ではキーロック・マークが激しく点滅する回数が増え、ONとOFFを2
回繰り返さないと機能解除が出来ない状態にまで・・・。
ここまでくると、もう時間の問題なのでしょうね(T-T)

使いやすく且つデザインが気に入っている物に関しては、どんなに古くなっ
ても使い続けるタイプなので、この携帯が壊れてしまうのはと~~~っても
ショック!
正直、次から次へと出てくる新機種にはまったく興味がありません。
このデザインが良いのです!
薄くて、二つ折りでないデザインが!
この色使いが!
なのに、なのに、もう手に入らないなんて!!!
人気のあったタイプは、定番機種として残しておいてくれてもイイじゃない
か~~~。と、強く思う今日この頃です。
・・・たかが携帯電話にここまで愛着持つ方が変なのでしょうか???

<文鳥ズも気に入ってました!>
yamato1.jpg

スポンサーサイト
dog1a.jpg

連休中に実家へ行って来ました。
実家周辺は、今まさにベビーラッシュのような状況で、嬉しそうに孫の
お守りをするおじいさん、おばあさんを頻繁に見かけます。
で、その孫を連れた方達の散歩コースとして外せない場所となっている
らしい我が実家。

・四つ角に建っているので、グルッと回り込める。
・3カ所に門がある。
・どこからでも犬が見える!
ということで、引っ切りなしに人が覗きに来ます。
裏のお家からは「ワンワン見に行くよ~~~!」なんてセリフまで聞こ
えちゃったりして・・・。

dog2.jpg

庭で犬を飼っている家が無くなったせいか、ちょっとした動物園状態
になってました。

人の気配が途切れる時間の方が少ないのでは!
と、感じてしまうほど頻繁なので、正直とっても落ち着かな~~~い(-_-|||
ハックも「おちおち寝てられん!」て様子。

小さな子に犬を見せてあげたい、という気持ちも解るので何とも複雑です。
ハックにストレスがかからないとイイのだけれど・・・・と。
20070925_powerbook_01.jpg

PowerBookが壊れるとき、画面は薄い黄土色になるんですね~。
PCが壊れる瞬間というのを初めて見ました^^;;
そのまま爆発するのでは!
などと、かなりビビッてしまいましたが、シューンという微かな
音と共に画面は真っ暗に。あとは、ただただ静か・・・。
そして無反応。

夫が新しいMacを購入し、こうして無事ブログを再開することが
できたのですが・・・モニターが24インチって、デカ過ぎるよ!
いつからうちはデザイン事務所になったんじゃー(-_-#
てな心境です。
モニターを見上げるような感じになるので、首と目が疲れます。
ヘビーなMacファンって、どうしてこう極端なんだろうか?
先の連休中にいつも使っていたPowerBookが、
ブッ壊れてしまいました(T-T)

と、いう訳でしばらくの間、更新をお休み致し
ます。
いつもコメントをくださる皆様、
見に来てくださってる皆様、誠に申し訳ござい
ませんm(__)m

古いながらもネットぐらいなら出来るデスクトッ
プがありますので、リンク頂いている皆様のブロ
グには、チョコチョコお邪魔させて頂きます。

                  たまてん

07727buntyo.jpg

07914buntyo.jpg

鳥は寝る時に片足をしまうことがあります。
それを見ていつも思ってしまう
「ポケットあるでしょ!」。
07914shibire.jpg

トイレに行きたくて目が覚める。
何も考えずに一歩踏み出そうとして、足が痺れている事に
気づく。何とも言いがたい不快な感触。
歩きたくても足を動かせないもどかしさと
次第に切迫してくる尿意・・・。

こんな時って、妙に間抜けな体勢でも進もうとしてしまう。
けど、なかなか目的の場所に行けないのよね~。
住んでる場所は狭いのに^^;;

文鳥が足に乗ってまったりしている時も、
ときどき足が痺れて同じ事になってます。

07907ame-sanpo.jpg

犬を飼っていて欠かさす事が出来ないのが散歩です。
毎日の犬との散歩は大好きですが、さすがに雨の日はちと面倒
に思うこともありました。

犬の散歩コースは、ほとんどが畑のあぜ道や川沿いの土手など
で、汚れて当たり前の場所をズンズンと突き進んで行きます。
なので、雨ともなればカッパに長靴の完全装備が当たり前!
遠目には完全なオッサンです(背低いけど)。
しかし、ここでネックなのが「カッパは暑い!」ということ。
特に初夏~初秋にかけて気温が高い時期はサウナスーツのよう
です。雨に濡れないように着たカッパなのに、汗で全身ビッショ
リとは、これいかに!
ほとんど汗をかかない私でも、この時ばかりは大汗。いっそ水着
を来て出た方がイイのかも…何度そう思ったか知れません。
秋雨前線の影響で今週は雨が多い天気ですね。
雨が続くと、このカッパ姿での散歩を思い出します^^;;

そして、もうひとつ。
車が頻繁に通る道を渡る時、車が途切れるまで犬には「座れ」の命
令を出すのですが、濡れた歩道にお尻をつけるのが嫌なのか、素知
らぬ顔で人の足の上に腰を下ろす姿が思い出されます。
なんて、チャッカリしてるんだ!
07913tom.jpg

07912yamato.jpg

休日など、たま~に朝起きてからシャワーに入る事があります。
で、頭にタオルを巻いた姿で戻ってくるとヤマトがビギャーと
いうような声を発して、部屋中をビュンビュン逃げ回ります。
逃げた先でも、これでもかという甲高い警戒音的な声で鳴き続け
ます。
はいはい、ごめんなさいよっ!
でもタオルは外さない。しばらくTVを見ていたりすると、籠の
上に戻ってくるのですが、私の背中に向かってうるさく鳴き続け
ます。
つまりそれは、警戒ではなく文句か、文句なのかヤマト!


それにしても、最近のヤマトは何だかうるさい。
何でもない時に、やたら甲高い声でわめくように鳴く事が多い。
一体なんなのだろう???

PCの状態は未だ不安ですが、とりあえず仕事で使用してる最中で
なくて良かった(T▽T)
もし、今でも仕事で使っていたら・・・
そして、どうにかなっちゃったら・・・
きっと発狂するでしょうね。それとも真っ白になっちゃうかな?

さてさて、前回の記事と一緒にUPしたイラストで「どちらがヤマト
で、どちらがポプか?」という投げかけに、お答えくださりありが
とうございますm(__)m
皆様がパープル=ポプ、グリーン=ヤマト、と思われたのは、どこ
がポイントだったのかしら?と、楽しませて頂きました(^-^)
色のイメージでしょうか?
雰囲気・表情でしょうか?

ちなみに、色が持つイメージとしてパープルは「上品、優雅、高貴」、
グリーンは「爽やか、伸び伸び」といった印象を与えるそうです。
で、描いていた本人はというと・・・何も考えてませんでした!(汗)
皆様が我が家の文鳥ズにどんなイメージを持っているのか、想像し
ながら一人ニヤニヤしていた次第ですf(^_^;;
ありがとうございました♪


20070911_0911wani_01.jpg

さて、金沢市内でメガネカイマンというワニが2匹捕獲されたニュース
がありました。
このワニを飼っていた男は、飼育の無許可ということで捕まったそうで
すが、果たして許可を持っていたところで、コイツはこのワニ2匹を飼
いきる事が出来たのか? 個人的に凄く気になりました。

体長20cm程しかない赤ちゃんワニは可愛いです。
つい、飼いたくなる気持ちも解らなくはありませんが、成長すれば2m
近くにもなります。きちんと知識はあったのでしょうか?
爬虫類だから、毎日餌を与える必要はないと思いますが、1回の食事量
を考えると甚だ疑問です。
ヤギや羊、牛を丸々1頭与える事が可能なのか?と。

このワニに限らず、どんな動物でも飼う前に最低限の知識を得てから
飼ってもらいたいものです。
特に、生態系を崩す外来種を飼いきれないからと野に放つ輩は、本当
に許せません! 動物も不幸です。
前々からPCの様子がおかしかったのですが、騙し騙しやってきました。
しかし、ついに崖っぷち!
ヴィーン ガガガガ~~~~ッ・・・・
て、とっても危険な音を出すように(((@_@;;))) 恐怖!

07906image.jpg

文鳥にはありえない色で仕上げてみました。
さて、どちらがポプで、どちらがヤマトに見えますか?
07909book.jpg

時々読むことのあった美容&メイク雑誌に連載されていた
コラムが、一冊の本となっていました。
へぇ~、面白い!と、連載中にも興味津々で読んでいたの
で、早速本屋へ。

源氏物語や平家物語、枕草子・・・といった、馴染み深い
古典の中に見える美容や、この時代に生きた平安貴族達の
美容にまつわるエピソードが紹介されており、現代の美容
観に照らし合わせた語り口が新鮮です。

女は綺麗でいたい!
それは幾つになっても、そしていつの時代にも変わらない
欲望。現代と違う点と言えば、平安時代に美容と化粧を楽
しむことが出来たのは特権階級のみという事だけ。
それを除けば、如何に色白に見せるか、如何にシミひとつ
無い柔らかい肌を作るか等々、美人への法則は現代に通ず
るものばかり。更に驚くなかれ、1000年以上も昔にニキビ
の治療法なるものもあったというのだから、平安時代の美
容への意識はそうとう先進的。


時間とお金をかけることによって、美しさに磨きをかける
ところは今の時代も変わりませんが、ここで確かに言える
事は、女性が美容に専念できるのは、その時代が平和であ
る証拠。
「美容は余裕の産物」と、著者自身が語るように、衣食住
が足りていて、尚かつ時間とお金があるからこそ実現する
究極の贅沢なのかもしれません。
なり振りなど構っていられない戦時下(又は極貧)であれば、
当然風呂に入る余裕すらなくなるのだから、肌のお手入れ
なんて論外。
ですから、溢れんばかりの化粧品アイテムや雑誌に囲まれ、
美容三昧できる生活は、本来とても貴重と言えるのかもし
れません。
とは言え、公共の場や乗り物の中で化粧している女はどうか
と思うけど・・・。
07907henp.jpg

友人の誕生日プレゼントとして贈ったヘンプアクセサリー。
当初贈ったときは、もっと細く長めのデザインで石も下の方
に編み込んでいました。
半年経った頃に友人から「石に傷がついてしまいそうで怖い
から、少し直して」と、要望があり編み直すことに。

で、編み直したのが写真のモノ。
このセンスの無さにガックリです…orz
(なのに写真載せてるってどーよ?)
アレコレ考えて、一応この編み方でいくか!を何度も繰り返
してこの始末。
はぁ~~~、溜め息。

友人から直して、と言われたのが3月中頃。
完成したのが9月・・・・何てこと!
何も言わず、出来上がるのを待っていてくれる友人のなんて
広い心(T_T)
こんなに待たせておいてコレかよ! 自分が情けない。
手垢がつかないように何度も手を洗いながら作ったけれど、
仕上がってからのこの虚無感!
ああ、こんなセンスの無い自分が嫌だ。


<ちなみに、使用しているパワーストーンは6月の誕生石
といわれるムーンストーン>
07907yamato.jpg

夜7時頃からいよいよ雨、風が強くなり、窓に叩き付けるような
雨音に、TVの音もかき消される程の状況になった昨晩。
(・・・安普請はこれだから(-_-|||)

ヤマトが面白かった^^
目をまん丸にしながらアッチを見たり、コッチを見たり・・・
窓に当たる激しい雨音の出所が何処なのか、しきりにキョロキョロ。
物問いたげな表情で見上げる顔にも笑ってしまう。
腕に止まってウトウトするのだけれど、バラバラバラ…と、勢いを増
す雨音にハッとして、再びキョロキョロ。
「雨の音だよ」
と、教えてあげたけど納得行かない様子でした^^;;
07904pop.jpg

・・・台風ですね。
今日の夜には関東上陸と言われています。
通常、関東は直撃を免れることが多いので、今回の進路は少し
珍しいのかしら?
ゆっくりとしたスピードなので、翌日には抜けるというパターン
も崩されるみたいですし、心配も多いです。


私、台風が来る度に思うことがあります。
なぜ、身を危険に晒してまで仕事や学校に行かなくてはならないのか?
アチコチで電車が止まり、道路は冠水し車も立ち往生・・・人々の足が
失われた状態です。と、TVの中継を聞いては「当たり前じゃんっ!」と、
語気荒く突っ込まずにはいられません。
だって台風なんだから!

看板やトタン屋根、考えもしなかった物が飛んできて大ケガ、悪くすれ
ば命を落とす人もいます。
自宅が床下・床上浸水の被害にあう地帯もあります。
そんな危険かつ、自宅の一大事の時に会社! 学校!
私がこの国で一番力を持っている人間だったら「台風の時は休め」と、命
令したいです。
命よりも大事な会議や打ち合わせなんて、この世には無いのだから。

行ったは良いが、帰るに帰れない。
帰ったら住んでる場所がブッ壊れていた。
なんて事の方が精神的な打撃は強いし、だからと言って会社や学校は何も
してくれませんものね。
もっと臨機応変に社会が動いてくれればイイのに・・・と、思ってしまう
次第です。
_7905tori.jpg

私が小学生の頃、実家の庭には大きな鳥小屋がありました。
決してニワトリ小屋ではありません!

庭に植えられている木を利用した、父お手製のブッ細工な
小屋には、カナリヤ、ベニスズメ、十姉妹、インコ等々…
数種類をそれぞれペアで買ってきて放してありました。
今で言うところのビオトープ風な小屋には、ザッと20羽は
居たと思われます。
観賞用のつもりだったのか、情操教育の一環だったのか…
父に訪ねた事はありませんが、とにかくご近所でもちょっ
と有名だったことは間違いなし。
鈴を転がすような美しいカナリアやベニスズメのさえずり
の合間に、ウキョーッ!とウズラの雄叫びが聞こえるので
すから、嫌でも目立ちますわね。
ま、小屋がある時点でかなり目立ってるんですけど・・・。


続きを読む »

07903buntyo.jpg

先日、進化の話しを書いてから何となく描いたイラスト。
鳥のルーツが恐竜だったとは言え、これではもはや怪獣ですね^^;;
でも、ヤマトならありえる!
そんな確信を持ってしまうのです。

文鳥がこんなにデカくなったら便利かな?
いやいや、アホだから絶対家には帰って来ないだろうし、
逆に喰われてしまうかも・・・
でも、背中に乗ってみたい気もするな~~~。
すいません、アホな独り言でしたm(__)m

07902buntyo.jpg

どんな時も、何度見ても可愛い文鳥の仕草。
その中でも私が好きな仕草は、水浴び後の羽づくろいの中で
見られるこの行動。
クチバシの周辺を止まり木などに、スリスリとこすりつける
仕草。クチバシをちょっと開き「あ~気持ちえ~」とでも言っ
ているような表情がたまりません!
これを指や腕の上でやられると、もうデヘッと顔がニヤけてし
まいます^^;;
な~~んて可愛いのかしら♪


ところで、今週はまた残暑が戻って来るようですね(-_-|||
せっかく涼しくなってきたと思ったのに・・・チェッ。
体がどうにかなってしまいそうな暑さから解放された先週末。
これまた体がどうにかなってしまったのかと思われる程、
爆睡・爆睡・爆睡!!!
一体どんだけ寝るんだ?自分で飽きれる程でした^^;;
この夏は、自分で思っている以上に眠れていなかったのね。
07831kohack.jpg

ドミニカ共和国で発見された、約2000万年前の琥珀に閉じ込められた蜂の化石。
この蜂に蘭の花粉が付着していたそうです。
蘭の祖先の出現時期については、2600万年前説や1億1000万年前説など多岐に
渡っていたが、空白期間など謎が多く、これまでは全て状況証拠のみでの議論
だったとか・・・。
今回発見された蘭の花粉によって、蘭の祖先が恐竜が衰退しはじめた白亜紀後期
(8000万年前)に、既に存在していることが明らかになったそうです。
琥珀によって永遠に閉じ込められた小さな蜂、その小さな蜂に付着していたこれ
また微小な花粉。この小さなモノ達が、研究者の間で100年に渡って繰り広げら
れてきた論争に決着を着けたというのですから、何ともドラマッチク。

実は私、この手の話しが大好きです!
生物のルーツや進化の歴史、星の誕生など、実際に目にすることは叶いませんが、
遠い遥か昔にこんな生物が居たとか、地上はこんな感じだったと聞くだけでワクワ
クしてきます。
現在の完成された形になるまでに、いかなる環境の変化があったのか?
それにどう適応して行ったのか?
生き物達の神秘に魅了されます。

だって、小さな小さな文鳥のルーツが恐竜だなんて、不思議不思議ぃ~~~^^

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。