プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080731_potpourri_01.jpg

20080731_potpourri_02.jpg

20080731_potpourri_03.jpg



このブログに遊びに来てくださる皆様にも可愛がって頂いたポプ。
7月30日 午前9時10分 永眠いたしました。
7歳と4ヶ月 老衰でした。
まだまだ長生きして欲しかった・・・
ポプが居ない事が寂しくて、悲しい。
名前を呼んで呼び戻せたら、どんなに良いだろう。


スポンサーサイト


20080728_kowai-e_01.jpg
著者はドイツ文学、西洋文化史を専門とする大学講師。
西洋の歴史や当時の生活習慣、宗教を知っていれば、
なるほどこういう見方(解釈)が出来るのか!
と、驚かされたり、感心させられたり・・・
あの絵が実は「怖い絵だったのか!」に変わる。


我が子を喰らうサトゥルヌス=ゴヤ
のように見るからに怖い絵も取り上げられていますが、
ドガの「踊り子」や牧歌的な雰囲気にしか見えないブ
リューゲルの「絞首台の上のかささぎ」、フェリペ4世
の幼い娘を描いているシーンと思われていたベラスケス
の「ラス・メニーナス」など、一見どこにも怖い要素な
ど無い絵もその時代背景を踏まえた上で改めて見てみる
と、どういう視点で描かれていたのかが解り、目から鱗!

これまでは、絵のタッチや色彩にばかり目が行ってた西
洋絵画ですが、実に面白い物だと気づかされます。
・・・やはり絵は奥が深い。


《怖い絵/名画と呼ばれる作品20点前後を取り上げ、著者の
独自の視点を交えながら、画家とその絵が描かれた時代背景
や宗教的意味合いを楽しく解説/朝日出版社》
20080728_yuyake_01.jpg
日曜日の夕方・・・・・
この夏一番の豪雨となりました。
まさに、滝のような雨と雷とで嵐のような光景。
またもや一時停電に見舞われるなど、雷も半端じゃ
ありませんでした^^;;

で、雷が遠ざかって行くと同時に西の空がパーッと
明るくなり、眩しい程の夕焼け空へと変化。
オレンジ、ピンク、藍色の三色が交わる空は幻想的
とも言える不思議な美しさ。
その三色の中を時折走る稲光が、これまた美しい。

そんな時に限って一眼が電池切れ(T▽T)
携帯電話で稲光が走る瞬間に合わせて撮影を試みた
けれども・・・いかんせん反応が遅い!
あんな美しい光景をみすみす逃すなんて、あ~悔しい!
この夏はショートパンツが流行のようですね。

埼玉なのに、まるでリゾート地のようでございます^^;;

続きを読む »


また大きな地震がありましたね。(岩手北部震度6)
関東でもゆっくりと長く揺れました。
日本列島は大陸移動でもはじめるのだろうか?
日本の首相は中国や韓国に行く事ばかり考えてないで、
被災地に行け!
パンダのレンタルなんぞ考えないで、こういう所に金使え。
東京に被害が無いから知らんぷりか。
もし次が東京だったらどーすんだ?
と、吠えてみた。
20080724_atamakakushite_01.jpg


言っても仕方がないのだけれど・・・暑い!
今年は随分早くから酷い暑さですね。

あまりの暑さに、冷たい飲み物ばかりを飲んでしまいますよ。
熱中症の観点から言えば、体を冷却するには冷たい飲料。
しかし、冷たい物ばかりだと胃の働きが弱り夏バテの原因に。
冷房がある上に冷たい物ばかり飲んでいると、外からも内からも
冷やされるので、冷え性の原因になるそうです。
冷え性・・・女性の大敵ですよねー。
暑い時こそ熱い飲み物!
これが健康維持には良いそうです。

環境対策の一環として、冷房の温度設定が28度という場所が増え、
真夏なのに凍えるような寒さに震えることは無くなりましたが、そ
れ故に今年は冷たい物ばかりに走ってしまいます。
で、なんとなく早くも夏バテ気味。
できるだけ温かい物を食べたり、飲んだりを心がけないと体が持ち
そうにありません。
じゃー、鍋料理でもするか!
と思ったけれど、きっと熱さで気が遠くなるわよね^^;;


20080723_hot_02.jpg
熱いつながりでもうひとつ。
夏はシャワーだけという日が多くなりがちですが、食べ物と同じく
血行を良くして、内蔵の働きを正常に保ったり、体を温める点から
も湯船に浸かるお風呂が良いそうです。
むくみを解消するにも効果的。

足のむくみを取る為に冷やす人がいますが、むくみを取るには温める
方が良いのですよ。
血行が悪くなっているのだから、良くしてあげないと意味が有りません。
冷やすのは疲れを取る時です。


今年も夫の実家から桃が届きました(^▽^)♪

1個1個がとても大きいのです!
この桃を知ってしまったら、スーパーに並ぶ桃はもう
食べられません。
日ごとに甘さを増して行く素敵に美味しい桃・・・
いただきま~~す♪♪♪
20080722_peach_02.jpg
20080722_peach-buntyo_01.jpg



20080721_rikai_01.jpg
20080721_rikai-a_01.jpg
20080721_rikai_02.jpg
ヤマトは人間の言葉が解るのかも・・・。
時折、そう思わせてくれる事があります(; ̄▽ ̄A


朝の涼しさは束の間・・・・
8時にはもーあっち~~~~!!!
熱中症には気をつけましょう。


電話の相手に呼びかける際に発する
「もしもし」という言葉。
なぜ、二回繰り返すのか。

その昔(江戸時代頃)、幽霊は同じ単語を繰り返し言う
事が出来ない、と思われていたそうです。
暗い夜道、すれ違う人がこの世の者か、あの世の者か、
それを確かめる術として呼びかけの「もし」を二回繰
り返した。
と、言葉に関する本か何かで読んだ記憶があります。

一般的なルーツとしては、電話交換手が中継ぎの際に
相手に失礼とならないよう「申し上げます」と言って
いたことからとされています。
電話の普及と共に「申す、申す」となり、次第に短縮
されたようですが、個人的には前述の幽霊説が気に入っ
てます^^
遠く離れた見えない相手と当たり前のように話している
けれど、本当は誰と喋ってるの?
な~んて、ちょっとホラーでしょ。笑
20080719_moshimoshi_01.jpg

続きを読む »


夫が言いました。
「熊鈴に厚紙下げれば風鈴になるんじゃん!」
確かに熊鈴はとても良い音がする。
しかしだ、山の中で聞くならともかく、部屋の中では
音が異常にデカイのだよ。
よって、こうなる事は言うまでもない。
         ↓
         ↓
         ↓
20080718_kumasuzu_02.jpg



今年は風鈴でも買おうかな~。
と、思う今日この頃です。


月曜日、夕方から激しい雷雨となった埼玉県南部。
かなり近い場所で雷が鳴りはじめ、次第に住居上空へと接近。
エアコン切って、PCのコードを抜いた数分後、耳をツンザク
ような一際大きな音が・・・


20080716_kaminari_03.jpg

20080716_kaminari_01.jpg

停電はほんの瞬間的なもので、1分後には照明も電話も元通り。
ホッとしました^^;;
だって、このクソ暑い日に冷蔵庫が停止したら悲劇ですもの!
停電が即解消されて本当に良かった。
と、安心したところへ電話が鳴った・・・・・
(続きは長いです。余力の有る方はどうぞ^^;;)

続きを読む »

<ヤマガラ>
20080624_yamagara_01.jpg

「鳥の進化」について、これまで科学的真実とされてきた
通説を覆す研究結果が、米研究チームによる5年にわたる
鳥類のゲノム解析で解った。という記事を目にしました。
6月の発表だったので、既にご存知の方もいらっしゃるか
もしれませんね^^;;


研究では鳥類が常に新しい環境に適応してきたことも明らかになり、
例えば、フラミンゴとカイツブリの祖先は水鳥ではなく、カッコウ
の祖先も陸に住んでいた鳥ではないということです。

他にも、昼に活動するハチドリが夜行性のヨタカから進化したことや、
ハヤブサはタカやワシとの間に進化的関連はないとか、速く飛ぶ海鳥
はペリカンなどの水鳥とは関連性がないことなども判明。
つまり、現在当然と思われている鳥類の分類や進化に関する認識の大
半が誤りだったということに・・・。
数十種の鳥の名前を変更する必要も出てくるとされ、教科書の修正も
有りとか。


これまで覚えた鳥の名前が変更されちゃったら、一からやり直しかよー!
ひょっとして、文鳥もスズメ目/カエデチョウ科じゃなくなるかもしれま
せんね@_@;;
20080714_yamachu_01.jpg




20080713_so-men_02.jpg

土曜日、もの凄く暑うございましたね。
いきなり35度を上回っちゃってヘロヘロです。
気温が上がってくると、そう麺や冷やし中華など口当たりの良い
ものばかりになってきます^^;;
正直、料理するのもウンザリ。

文鳥も麺類が好きで、目を離したちょっとの隙に器から引っぱり
出して勝手に食べてます。


全然関係ないけれど、今日8年振りに椎茸のお味噌汁を食べたの。
夫が大の椎茸嫌いで、結婚してからズ~~~ッと口にしてなかっ
たのだけれど、夫が留守だということに気づいて急に食べたくなった。
で、作りながら8年も食べてなかったのかと改めて驚いた。
・・・もの凄く美味しかったわ~^^

私はご飯とお味噌汁があれば、おかずは要らない。
と言ってもイイほどお味噌汁が好きです。
実家でも朝晩必ずお味噌汁が出ていたので、ご飯にお味噌汁は
ワンセットと思っているのですが余所様はどうなのでしょう。
夫の実家では、夜お味噌汁は作らないのでそれがちょっと不満です。
ま、姑がお味噌汁嫌いというから仕方ないんですけどねf(^_^;;



ファッションリーダーとか、流行の最先端を行っているような人が、
あの行列に居ないのが惜しいですな。

電話として使う場合、ファンデーションや汗がベッタリ付いちゃう
な~、なんて事も気にしちゃダメですよね^^;;

20080712_iphone-2_01.jpg





ヤマトにチマ~っと噛まれたら、こうやって反撃してます。
どうだ、手も足も出ないだろう!!




がしかし、時間が経てばまたもや「チョコッと摘み攻撃」が。
本気で腕のホクロ引き千切ろうとしてるから、イテーよ(TーT)
突かれて出来たカサブタむしり取るしさ・・・・・
餌はちゃんとあげてるじゃん!(泣)
20080710_hokurodayo_01.jpg


↓こんな感じで、腕の皮も力一杯引っ張ります
20080710_kamu_01.jpg





20080709_yamato-itai_02.jpg

20080709_yamato-itai_01.jpg

何すんじゃい!



20080707_kehai_03.jpg

20080707_kehai_01.jpg

我が家では、水浴びは台所。

続きを読む »

20080707_naruhodo_01.jpg

↓下の記事で『タマムシ』の写真をUPし、そこに
頂いたコメントを読んで気づきました。
タマムシって誰もが知っている訳じゃないんだ!と。
カブトムシやクワガタと並んで、女性でも普通に知っ
ていると思ってました(汗)

続きを読む »

急激に気温が上がってきましたね。
今週末は熱中症にご注意を!
日焼けを気にするように、水分補給にも気を配りましょう^^

↓ネジバナ



↓タマムシ
20080704_tamamushi_01.jpg

20080704_tamamushi_02.jpg

↓オオシオカラトンボ
20080704_o-shiokara_01.jpg

↓ハグロトンボ
20080704_hagurp_01.jpg

↓ユリ・・・だと思います。名前は解りません^^;;
ノカンゾウと教えて頂きました。
おさんぽさん(緑道の四季)ありがとうございます^^
20080704_yuri_01.jpg



蚊や虫に刺されたとき、皆さんはどうされますか。
私はム○か、キン○ン。
虫に刺されたらコレ!という、定番の市販薬を愛用
しています。
どの家庭でも当然使っていると思ってました・・・
夫の実家へ行くまでは!

結婚してすぐの頃です。
蚊に刺されたので、薬はないかと夫に尋ねました。
すると返って来た答えは、思いもよらない単語。
20080702_hebiitigo-ll_01.jpg

20080702_hebiitigo-ll_02.jpg

<夫の実家では、ヘビイチゴを焼酎に漬けたものを常備薬として置いている>

ヘビイチゴって、女の子達がおママゴトに使う小道具で
しかない。と、ズ~~~ッと思ってました。
でも、違うんですね。
調べてみたら、昔から民間療法の薬として存在していた
ようです。それも、万能薬として重宝がられている様子。
し、知らなかった!
最初に夫の口から「ヘビイチゴ」が出て来た時は、
ふざけてるのかと少々ムッとしました^^;;
(でも未だに使った事はありません)

↓で、これがヘビイチゴ。ちょうど今が実を付ける時期です。
苺に似た、丸い小さな赤い実が地面にチョコンと出ている姿が
可愛らしくもあります。



民間療法といえば、こちらも有名サルノコシカケ。
↓写真のモノが使えるかどうかは解りません。
20080702_sarunokosikake_01.jpg


雨降りの日曜日(先週)・・・
家に居てもつまらないので、ネジバナが咲く公園へチョコッと
行ってみました。
この公園、かなり敷地が広く、中央には大きな池があります。
カワセミが来る場所としても知られていて、天気の良い日は
必ずカワセミ狙いの人を見かけます。

池を見渡せる位置に東屋が建っているのも良い雰囲気で、
雨が降っていても、そこに入ってしまえば気になりません。
週末は家族連れで賑わう公園も、さすがに雨の日はひっそりと
とても静か。
人が居ない時ほどカワセミは姿を見せるので、それなりに期待
をしていました。
ほどなくすると、高い特徴的な声。
この日、池には2~3組のカワセミのカップルが行き来してい
たようです。

続きを読む »

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。