プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<↓環天頂アーク>
20111129_kantentyou_01.jpg
<↓幻日>
20111129_genjitu_01.jpg

momiji.jpg

katura.jpg

sazanka.jpg

スポンサーサイト
ネット上で面白いモノを見つけました。
なんとも奇々怪々。
一体、誰が書いたモノなのか?

    * * * * * * * * * * * * * *

『をのこ草子(をのこ草紙)』という文書を知っていますか?
江戸時代にかかれた読み物で、現代でいえば小説みたいなものなのですが、
作者が不明で、成立年代もはっきりしません(吉宗の時代に書かれたとも
いわれています )が、書いてある内容が驚くほど現代日本の世相を言い当
てているため、最近注目を浴びている文書です。

http://lonehog.gooside.com/YOGEN1.htm


 
『今より5代250年を経て、世の様変わり果てなむ。
切支丹の法いよいよ盛んになりて、空を飛ぶ人も現はれ、
地をくぐる人も出るべし。
風雲をかりて雷電を益するものもあらむ。
死したるを起こす術もあるべし。

さるままに人の心も漸く悪となりて、恐ろしき世の相を見つべし。
妻は夫に従はず、男は髪長く色白く痩せ細りて、
戦の場になぞ立つこと難きにいたらむ。
女は髪短く色赤黒く袖無き着物を着、淫に狂いて父母をも夫をも、
その子をも顧みぬ者も多からむ。
よろず南蛮の風を学び、忠孝節義はもとより、仁も義も軽んぜらるべし。

かくていよいよ衰えぬるそのはてに、地水火風空の大いなる災い起こりて、
世の人十が五まで亡び異国の軍さへ攻め来るべし。
この時神のごとき大王いでまい、
人民悔い改めてこれに従ひ世の中再び正しきに帰りなむ。
其の間、世の人狂い苦しむこと百年に及ぶべし』


明治以降、西洋近代文明を受け入れた日本の社会は、まさにこの通りとなりました。
特に、”死したるを起こす術”が近々の臓器移植に関するものと言うならば、まさに現
代社会の風景を現している下りであるといえなくはないでしょうか 。
日本社会は隅々まで西洋文明(南蛮)から学びとった結果、
物質文明や利益追求主義がいつのまにやら正義となってしまい、
日本人としての心が失われ、利己主義が蔓延した世の中になりました。
単純に書いてあることを鵜呑みにするならば、「日本の国力(経済)はます
ます弱まり不況を克服できず、さらに追い打ちをかけるごとく、天変地異の
大災害(局所的な地震などではない)で、人口の約半分が死滅する。
大混乱のうちに治安維持を名目に、あるいはあからさまな侵略目的で、
外国軍が進駐し日本を支配下に置こうとする」と言うことになるのです。




いつも行く鳥見のポイントで発見!
ヤッターーー\(^▽^)/




20111102_maiasa_02.jpg

20111102_maiasa_03.jpg

20111102_maiasa_04.jpg

20111102_maiasa_05.jpg

20111102_maiasa_06.jpg



□■□福島第一2号機で核分裂の可能性、ホウ酸水注入■□■
(読売新聞)
原子炉内で核分裂が起きている可能性がある…と、東電&原子力安全保安員が言う
ということは、既に核分裂が起きてるパターン!

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。