プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
端から見ていると「頭大丈夫?」と、聞きたくなってしまうのですが、
マスコミによる安倍叩は尋常を逸していますね。
執拗に右傾化、右傾化と連呼して国民の不安を煽るような報道&記事の垂れ流し。

ナチスだ、ヒットラーだとも表現していますが、本当に右傾化してナチスの
ようだとしたら、果たしてマスコミはここまで安倍氏を口汚く罵っていられ
るかしら?
本当に右傾化していたら、真っ先に粛正されると思うんだよね〜〜。

あまりにも酷い日本の偏向報道に、ついにアメリカがひとこと言わずには
いられなかったようです。

「右傾化」批判の誤り<産経ニュース>
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121218/amr12121803080002-n1.htm

■□■一部抜粋■□■
「米側ではいわゆる慰安婦問題を機に左派のエリートやニューヨーク・タイムズ、
ロサンゼルス・タイムズが安倍氏を『危険な右翼』としてたたきました。安倍氏の
政府間レベルでの戦略的な貢献を認識せずに、でした。その『安倍たたき』は日本
側で同氏をとにかく憎む朝日新聞の手法
を一部、輸入した形でした。今後はその繰
り返しは避けたいです」

 不当なレッテルに惑わされず、安倍政権の真価を日米同盟強化に資するべきだと
いう主張だろう。(ワシントン駐在編集特別委員)
■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■


↓こちらの動画は私のおすすめ^^
小気味良く且つ痛快なまでの語り口調が魅力の東洋史家の宮脇先生。
この方の話しを聞くと、きちんと歴史を学ぶって大事なんだな〜〜。
と、思わずにはいられません。
お時間のある方は是非!








スポンサーサイト
マヒワ


20121218_mahiwa_04.jpg

20121218_mahiwa_02.jpg

20121218_mahiwa_01.jpg

天気が悪い日に撮ったので酷い写真だけど、
ま〜いっか。

そうそう、今日は地球の終末といわれている日ですね。
古代マヤ人が作成したカレンダーがこの日で終わっているからだ
そうですが、単にマヤのカレンダー職人が作るの飽きたのかもし
れないし、作り方が伝授されずそこで途絶えてしまったのかもし
れない・・・。
職人技というのは、いつの時代も受け継ぐのが大変なのでしょう。
と、勝手に考える^^

終末を恐れ、世界のアチコチで聖域といわれる場所に人が殺到し
ているという記事を目にしますが、長期休暇が許される人達って
イイな〜。な〜んて、思ってみたりも。

私が住んでいる賃貸では、この週末にケーブルテレビの宅内作業が
予定されていますが、もし地球が終わるならケーブルテレビの作業
いらないんじゃね?
どうせ我が家はTV無いし、作業に立ち合うのメンドクセーなぁー。




鳥を飼っていたり、野鳥の写真を撮影されている方はご存知
だと思いますが、鳥は瞼の他に「瞬膜」という目を保護する
膜を持っています。
瞬膜は目の潤滑の役割を担っている他に、かなりのスピードで
空を飛ぶ場合や水鳥などが水に潜る際に目を保護するレンズの
役割も果たしています。

野鳥を撮っていると、瞬膜を閉じた状態の写真を量産してし
まう場合があり、瞬膜そのものはお馴染みのものなのですが、
自宅で飼っている文鳥を見ていて不意に思ったのです。
文鳥が瞬膜を閉じる瞬間を見た事が無い!と。
勿論、一瞬の事なので肉眼では解らないのですが、たまに写真
を撮っていても瞬膜を閉じている場面が一枚も無い。
なぜ? まさか文鳥には瞬膜が無いの???
いや、いや、そんなハズはあるまい。
も〜、気になり出したら確認せずにはいられません。



↓通常の状態(左)と瞬膜を閉じた状態(右)の比較写真。
 瞬膜が閉じられたときは目が濁って見えます。
20121102_torinome_01.jpg

毎日文鳥の目をジッと観察し、結論を得ました。
文鳥にも瞬膜は当然ありました!
しかし、太陽光が入ってこない室内や蛍光灯の灯りでは瞬膜が
閉じられる瞬間が解り難いことが判明。
そのため室内でしか撮ることのない文鳥の写真には、瞬膜を閉じ
た状態が一枚もないのね!
と、大いに自己満足。ついでに夫にも報告。(笑)

直接太陽光が入ってくる場所で日向ぼっこをさせているとき、
瞼じゃないけど瞼を閉じたように見える瞬間があります。
ズバリ、それが瞬膜!
ああ、文鳥も頻繁に瞬膜を閉じているんだな〜。
と、妙に納得してしまいました。


20121218_syunmaku_02.jpg

20121218_syunmaku_01.jpg




今シーズンは、平地にヤマガラが多く来ているそうです。
私が鳥見をするフィールドでも珍しくヤマガラを見る事ができ、
その噂を実感。



20121218_yamagara_02.jpg


こちらはウソという名の鳥。
ぷっくりというか、ズングリムックリというか、ま〜そんな感じの鳥です^^
ちょっと文鳥に似てる気もしますでしょ?
この鳥も私の行くフィールドでは非常に珍しい部類です。
笛のような声も特徴です。

20121218_uso_01.jpg

20121218_uso_02.jpg

20121218_uso_04.jpg

20121218_uso_05.jpg


こちらは夏の終わり(9月頃)に撮ったセンダイムシクイ(だと思います)。
秋の渡りの頃、羽休めにちょっとだけ立ち寄ってくれる鳥です。

20121218_mushikui_01.jpg


ちょこちょこ写真は撮っているのだけれど、アップする気になるまで
時間がかかるようになってしまいました^^;;
季節感無視した写真とリアルタイムの写真がゴチャ混ぜですが、
せっかく撮ったので記録のつもりでアップ。

人には「やる気スイッチ」なるものがあるそうですが、私はそのスイッチ
をどこかに置き忘れてきたのかな〜?
歳と共にせかせかイライラすることが少なくなってきたけれど、なかなか
やる気が出ないのはマズイですね。



\(^▽^)/民主党惨敗で嬉しいなっ♪♪♪

早速、各新聞が自民党批判の記事を書いていますが、
文章が酷いですね。
とても新聞記事とは思えない。
恨みつらみを書きなぐった個人の日記レベルです。
品位もないし、何を言っているのかサッパリ解らない。

公平性を装うとか、出来もしない事はもういいから、
TVも新聞も自社が支持する政党をハッキリ表明して記事を
書くなり、報道すればぁ〜。と、思います。
その方がどれだけスッキリすることか。

それと、マスコミのいう『海外の反応』が中国と韓国の
二国だけってのにも心底呆れます。
日本以外にこの二つしか国は無いのかよ!と。
せっまい世界じゃのぅ〜〜。

更に、自民が政権与党になったら「右翼化が進む」とか
「戦争がはじまる」と、言っちゃう人がチラホラいるよ
うですが、そう言う人達はどこと戦争する気なのでしょう?
逆に聞きたいわ。
そして、軍隊を持たない国がどれほどあるのか教えて欲しい
ですね。
そうそう、音楽評論家の湯川れ○こさんが自民が政権取ったら
日本を出て行くと豪語していたけれど、もう出て行ったのかしら?
自衛隊が国防軍になったら戦争が〜、というお考えのようでした
ので、当然彼女は軍隊の無い国に行くのよね。
さようなら湯川さん。
むか〜し、むかしは彼女のラジオを聞いてたけれどガッカリだわ。

それにしても、比例って何なのかしら。
コイツは国政に関わらせてはならぬ!と、思う人物を落としたのに
チャッカリ比例で復活だなんて、はらわた煮えくり返りますね。
特にアイツ。
車のフロントガラス突き破って再起不能になれば良かったのに。チッ!


| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。