プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20061031_06_01.jpg

日本でもかなり浸透してきたハロウィーンは、ケルト人の収穫感謝祭
がキリスト教徒に取り入れられたものだそう。
しかし、クリスマスのような盛り上がりに今一歩近づけないのは、中
途半端な時期が原因なのか?それとも、クリスマスのようなロマンチッ
クな要素がないからか?
いずれにしても、毎年パッとしないまま終わってしまう気がします。

ところで、このハロウィーンの夜には死者の霊が家族を訪ねると信じ
られていたそう。

家族の眠る墓にお参りし、そこでロウソクをつける地方もあるそうで、
お盆に行う迎え火、送り火をする日本の風習になんとなく似ている気
がします。
また、精霊や魔女が出てくるとも言われ、それらから身を守るために
仮面を被ったり、魔除けの焚き火を焚いたりするのも、どことなく節
分を連想させます。
宗教や住む土地、生活習慣が異なってもどことなく似たようなイベン
トがあるのは、とどの詰まり人間考える事は同じ、ということなのか
しら…。
それにしても、バレンタインデーさえ大々的なイベントにしてしまっ
た日本が、このハロウィーンだけはゴージャスにできないのは何故な
のか?不思議だ(^^;;

<< 愛おしい瞬間 | ホーム | 光陰矢のごとし >>

コメント

確かにそうだぁ、、、
ハローウィンって気がついたら過ぎてたって毎年のこと。(笑)
今年はうちも何の装いもしなかった、、、バタバタしてたからだけど
もうひとつ、今年はハロウィンかぼちゃを栽培しなかったから。
あのオレンジ色のかぼちゃをくりぬいて
ロウソクに火を灯すのが楽しいのです。
でも、、、それだけですね。。。
やっぱ盛り上がりに欠けるイベントだわ(笑)。

ねね様

お疲れさまです(^-^)

ハロウィーンは、なせカボチャなのか?、なぜ仮装なの
か?など、理解できないまま勢いで流れ込んで来たよう
なところがあるからなのかもしれませんね。
フランスでもハロウィーンは受け入れられず、すたれて
しまったとか…。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。