プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これから春先にかけて文鳥の繁殖期ですね!
この時期になると思い出されるのが、我が家で誕生したヒナ
達の姿。と言う事で、唐突ながら今回は我が家の文鳥ストー
リーに触れてみようかと思います。

最初に飼いはじめたのは2羽の白文鳥。
オス、メスの区別など解らず連れてきました。名前はチーと
モモ。その約3ヶ月後にシナモン文鳥を入手。
こちらも性別は不明だったのですが、身体の色と雰囲気から
ポプリと名付けました。
そう、我が家の文鳥として皆様の間に定着している「ポプ」の
本名でございます(^▽^;;
1015buntyo-a.jpg

ポプはなぜか、常に仁王立ちをしているヒナでした。
その様子がちょっと心配でしたが、とりあえず順調に成長。
少し早めに生まれているチーとモモは、成長するに従ってケン
カが多くなるように・・・。正直、カップルだと信じ込んでい
たところがあったので、相性の悪さにガックリしたものです。
ちなみに、チーがオスで、ほっそりとしたモモがメスだと勝手
に決め込んでいました。
実際は両方ともメス。文鳥の性別は大きくなるまで判断が難し
い、と改めて実感したものです。
1013buntyo2a.jpg

<↑隔離状態のポプが寂しくないように、当時は小さなヌイグル
ミを入れてました>

1015buntyo1.jpg

さて、順調に成長し、めでたくヒナケースから卒業したポプ。
初めの頃こそチーとモモにくっついて回っていましたが、時折
2羽から離れ、こっそりグジュグジュ言うようになりました。
なぜか夕日に向かって、哀愁たっぷりの後ろ姿・・・。
実家に居た頃も文鳥を飼っていた時期がありますが、どうやら
メスばかりを飼っていたようで、この時までオスの行動という
ものを知らなかった私。
日ごとエスカレートするポプの行動に、頭の中に『?』マーク
が並びます。

1015buntyo2.jpg

トランポリンのように、同じ場所でジャンプを繰り返すポプ。
ティッシュを掴んでは、何度も垂直に飛び上がるポプ。
これが繁殖行動をシュミレーションしたオスの行動と知った
時、感慨深いものがありました。

1015buntyo3.jpg

そうこうするうちに季節は秋へと移行し、いよいよ夏の間の
特訓を実践する日がやってまいりました。
ポプの意中のお相手は、ほっそり美人系のモモ!!!
・・・さぁ、恋の行くへはいかに?

と、なにげに続く・・・・・・。

<< 鳥との生活~文鳥編・2~ | ホーム | 最近ちょっと気になる事 >>

コメント

ポプちゃんの本名がポプリ!?
男でポプリってのも!だからポプちゃんなんですな。爆
ポプって珍しいなぁ~って思ってました。
確かに文鳥の性別判断って難しいですよねぇ~
女の子に囲まれていても、立派に男として独り立ちするのですな。
こっそりグジュグジュ言ってる姿が感動の涙を誘います。笑
恋の物語の続きを~~~~~
チーちゃん、モモちゃんのバトルが展開するのか!?
とっても気になります!!

こんにちは、えいと@です。

わー、おもしろーい! 物語になってますねぇ~。
そっかー。
文鳥ってオスメスが小さい頃はわかんないんですか~。
性別を判定する職人がいますけど、あれは…鶏のヒナですよねー。
文鳥はみてくれないんでしようかね?

なんだか…あやしい雲行きになって来てますね~。
女二人に男一人ですかー。きゃー。
チーちゃんが焼きもちやくんじゃないかなー。
もしかして三角関係になっちゃったりして!

続きが楽しみ~♪

 えいと@

♪ちょびまめさん♪

文鳥ってヒナの時に性別が解らないので、名前を付け
るのも賭けですよね^^;;
メスに違いない、とこれまた勝手な思い込みでポプリ
と名付けてしまい『オスだったーーー!」と、後で
知るorz

>女の子に囲まれていても、立派に男として独り立ち
>するのですな。

ちょびまめさんのマメちゃんはどうでした?
こっそりグジュグジュ歌の練習してませんでしたか?
ポプは、なぜか夕日に向かって練習してたんですよ。
あの後ろ姿がね~、凄い印象的だったの^^

で、ティッシュを抱えて飛び上がる姿を最初に見た
時は、芸をしているのかと思ってしまったですよ。

♪えいと@さん♪

ありがとうございます(^ー^)

文鳥の性別って難しいんですよ~。
オスが鮮やかで、メスが地味といったハッキリ解る
色の違いがありませんからね~。ある程度大きくなっ
てきたら、目の縁取りやクチバシで違いが解ってく
るのですが、ヒナは見ただけじゃなかなか^^;;
なので、ポプのように名前を失敗してしまうことも
多いかと・・・f(^_^;;

鳥も感情表現豊かなんだな~!
て、この3羽を見ていて実感しました。

今回は、えらく長くて読み難かったと思いますが、
たぶん続きも長いですf(^_^;;
お付き合い頂ければ嬉しゅうございます。

ポプちゃん 実はポプリちゃんだったん
ですね。夕陽に向かって哀愁タップリに歌う
練習をする姿 みたかったです。

♪tunnさん♪

そうなんです!
オスなのに一番可愛らしい名前になっちゃって…^^;;

気がつくと、必ず夕陽に向かって練習していたの
で、本当に可笑しかったですよ。
見られているのに気づくと辞めてしまうのにも笑え
ました^^
ぴーちゃんときゅうちゃんは、どうでしたか?

ぶんちょこストーリーだぁ♪
一人でニヤニヤしている私って危ないわ。v-402
ポプちゃんの哀愁ただよう ぐぜり…
そして、オスとしての特訓の様子。
す・ステキだわ!

♪あぶりんさん♪

あぶりんさん所もヒナを孵してるんですよね?!
じゅうさん達もこんな感じでしたか?^^

ポプが歌の練習してる時、オスを初めて飼った
私としては「このさえずりで良いのかな?」と
か、ちこっと心配したりも…f(^▽^;;

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。