プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あれは18or19歳の夏、コンサートからの帰り道でのこと。
最寄り駅から自宅までは結構な距離があるので、タクシーで帰ろうと
決めていた。が、かなり遅い時間ということもあり、タクシー乗り場
は長蛇の列。待っていたら何時間かかることか。
ため息をつきつつ、仕方なく歩いて帰ることにした。
20061110033113.jpg

自宅までの道には、街灯が少なくできれば遅い時間には歩きたくない、
という箇所が途中いくつかある。
特に、両脇が畑という寂し~い場所があり、先に見える住宅街までが永
遠とも思える道を嫌でも歩かなくてはならない。
そんなイヤ~な道に差し掛かったとき、2~3メートル先をOL風の小柄
な女性が歩いていた。
ああ、良かった!女の人が歩いている。
たったそれだけのことが、とても心強い。

と、ふいにその女性が振り向いた。
つられて私も振り返る。…誰もいない。
2、3度同じことを繰り返したかと思ったら、次の瞬間、その女性が猛
然と走り出した!
ヤバそうな奴でもいるのかと、とっさに振り返る私。
…誰もいない。
え????
事態を飲み込むのにしばらくかかった。

間違われたのだ。…チカンに!

まさに呆然。
他に誰もいない道の真ん中で、自分に指さしながら「え?、え?、えっっっ?」
と、しばらくアホのように繰り返していた。

夜道でチカンに間違われる男性のショックと怒りをとても深く理解した瞬間
だった。
良いのか悪いのかはともかく、その夜無事に家に着いたことにホッとした。
(警察に通報されなくて良かった~)




<< 見つめる先には… | ホーム | モスキート音 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。