プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私にとって夏の象徴とも言えるヒバリ。

早口にさえずりながら、上へ上へと真っすぐに空高く上がって
いく様子を何度となく見上げていた、小学生の夏休みを懐かし
く思い出します^^;;

<↓つがいかな? 春先、草刈り後の畑で>
20080619_hibari_01.jpg

20080619_hibari_03.jpg

牧場や畑、草原などの地面に巣を作り、空から巣の場所を確認して
降りる。
だから、ヒバリが急降下した付近に巣があると教えられ、急降下し
た場所めがけて草むらに突入してました。
ま、「あそこだー!」と、突入したところで背よりも高く伸びた草
に視界を遮られ、方向を見失うのがオチなんですけどね~f(^▽^;;
勿論、今はやってません。
大人ですから^^;;
20080619_hibari_04.jpg



<< 瓜の蔓に茄子は成らぬ | ホーム | ガクアジサイ >>

コメント

なるほど~!

ヒバリって巣におりるときはまっすぐ
急降下するんですか!初めて知りました!!
今度見かけたらやってみたいです☆
(きっと背の高い草にやられそうですが(笑))

こんにちは、えいと@です。

わはは~! やっぱりたまてんさん、野生児だったんですねぇ~。(笑)

>「あそこだー!」と、突入したところで背よりも高く伸びた草に視界を遮られ、方向を見失うのがオチ

これ ↑ って怖いですよね???
方向がわからない…って。
えいと@はアラスカのマタヌスカ氷河を歩いたとき、
あまりにきれいなんでドンドン歩いて行っちゃって、
はたと我に変えると方向がわからなくなって少し恐怖を感じましたよ~。
あの時は、冷静な夫がいたんで無事に帰れましたけど…。(汗)


ところで、紫陽花って日本固有のお花なんですねぇ。
フランスには紫陽花の花言葉がありますよね。
「忍耐強い愛情」「元気な女性」がフランスでの紫陽花の花言葉らしいんですけど。
フランスの紫陽花は日本から持って行ったってことでしょうか?
外来種になちゃうんでしょうかねぇ~?

 えいと@



♪ちびぴよ☆さん♪

一回ぐらいは巣(ヒナも)を見られるかも!
と、何度となくチャレンジしてました(´_`ゞ
無邪気と言うか、バカと言うか・・・
おめでたい子供でした(笑)
え、今も変わらないって?^^;;

♪えいと@さん♪

えいと@さんのアラスカでの場合は確かに恐怖ですよ!
うっかりが命取りになる大自然ですからね~。
私のとは比べ物になりませんぜぇ(^_^;;
だって、背の高い草に方向を見失っても突き抜ければ
知っている場所に出られる野原ですから(笑)
ただ、良くは知らない場所や、初めての場所では無謀
に突き進んでは危険。とか、嫌な予感がするからやめて
おこう…といった知恵や感覚は養えたかも。
(↑この辺が野生児なのねッ^^;;)


西洋アジサイと言われるアジサイは、江戸後期にシーボ
ルトなどが欧州に送った日本のアジサイが改良されたも
の。なので、完全な園芸品です。
意図的に森林や山に植えていない限り「外来種」として
の扱いはされないと思いますよ。
日本でパンジーやダリア、マーガレットなど西洋から入っ
て来た植物を庭や鉢、街路で育てるのと同じで、個人ま
たは公園といった特定の場所か、人の生活圏でしか見ら
れないと思います。

ただ、江戸後期に渡ったアジサイが、その当時の人にどう
扱われたかにもよりますけどね~。

ヒバリってそんな場所に巣をつくるんですか!
木の上じゃないなんだぁ~
親も神経つかいますねぇ。
地面の方が敵が多そうだもんね。
ヒバリなんて実際に見たことないよぉ~
たまてんさんはすごいわぁ~

♪ちょびまめさん♪

いろんな鳥がいて、いろんな習性があるのが面白いです。
(地面に巣を作る鳥のヒナは巣立ちも早いんですって^^)

ちょびまめさんもヒバリの声ぐらいは聞いた事あると
思いますよ~(^▽^)

頭の形がちょい “マスオさん” っぽいのが可愛いですねぇv-411
けどあらためて見るとヒバリって・・・意外と地味だワv-356
(「美空~」 の方を思い浮かべてしまうからでしょうか~v-398

♪桔梗屋さん♪

マスオさん・・・笑!

そうなんです、地味な鳥なんですわよ。
ゴージャスな昭和のひばりとは大違いで、
「え~、あれがヒバリなの・・・」
と、初めて見る人は拍子抜けしちゃうでしょうね^^;;

「川の流れのように」は、やっぱ名曲だわ~~。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。