プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末は長野県に行って来ました。
標高が高い場所では、チラホラと紅葉が始まっていて、
その美しさを競うような紅が時折息を飲むほどに鮮やか。
本格的な紅葉シーズンもすぐそこですね。


車を止めた場所で盛んに聞こえる「ニィーニィー」という声。
その声と共にコツコツと樹を突く音が響きます。
カラの群れにコゲラが混じっているのかな?
と見ていたら、ゴジュウカラの群れでした。
見たい、会いたいと思っていた鳥が一度に十数羽も!!!
居る所には居るものなんだな~、と改めて実感^^;;
動きが速すぎて写真はこの通り悲惨な物ですが、
大満足の数分間でした。
20081006_gojukara_01.jpg

20081006_gojukara_03.jpg

20081006_gojukara_02.jpg

20081006_nagano_01.jpg


<< 良い俳優さんでした | ホーム | 騙されないぞ >>

コメント

山の鳥って美しいね

りんごうまそうww
また山に行きたいなあ

♪ミユキさん♪

今年は初めて見る鳥に多く会えた夏でした^^
自然のような「美」は、人間には表現できませんね~。
自然界は実に良く出来ていて、尚かつ美しい!!!

ミユキさんも時間が出来たら、また是非山へ足を運んで
くださいね♪

きちんとご挨拶もしてなくってご免なさい。拙ブログご訪問頂きありがとうございます。

シジュウカラはネクタイしてますが、ゴジュウカラはノーネクタイですか(笑)
動きが敏捷ですのに、よく追いつきました♪
可愛い写真です。

♪ziziさん♪

シジュウカラもゴジュウカラも、カラの仲間は皆
同じ鳴き声なので、目で確認するまで正体が解ら
ない事もありますね^^;;
ゴジュウカラの青い背中と真っ白なお腹が新鮮で
した♪

>可愛い写真です。

なんとか撮れた証拠写真程度ですけれど・・・
ありがとうございます^^

こんにちは、えいと@です。

おぉお~~~!
クマが出て来そうな森ですね!(笑)

鳥さんの写真は難しいですよ~。
たまてんさんはうまいと思いますよ! マジで!
よく撮れてますよー! 

シジュウカラ、ゴジュウカラ…ってネーミングは何でしょう?
四十から? 五十から?
まっさかねーーー。(爆笑)

 えいと@


ムチムチした 鍛えられた野性の鳥ちゃんは
やっぱり見ていても美しいわぁ。
紅葉もそろそろ?っていう状態で
いい季節ですよね。

↑えいと@さんの コメント…
読み間違って 1人で大笑いしちゃった。

四十肩 五十肩…。?!?!?
”から”だしぃ~~ (笑) 
肩があがんない ゴジュウカラ??

えいと@さん 失礼しました (^^ゞ
こんな私で ごめんなさい(爆) 

ぎゃはは~~上のコメント笑える~~
確かに40から・・・50から・・・
年齢みただね~~(笑)

会いたかった鳥さんに会えてよかったですね~(^_-)-☆
しかも群れでいたなんて!
長野・・・いいな~~
これから鳥さんの宝の山ですね(^^♪
ゴジュウカラなんているんですね。
綺麗な羽根色。
私の好きなゴイサギの色に似てません?(爆)

♪えいと@さん♪

いつもありがとうございます(^ー^)/
鳥の目にピントがきて、パキッとしたものが撮れたとき
は舞い上がっちゃうんですけどね~。
なかなかその1枚が撮れません^^;;

シジュウカラは漢字で「四十雀」
ゴジュウカラは「五十雀」と書きます。
普通の雀の四十倍の価値がある、更に五十倍の
価値がある。というのが名前の由来みたいです。
で、「雀」という字ですが、この場合はスズメに似た
スズメでない鳥・・・という意味合いらしいです。

ちょっとブレてるけど、可愛い姿をバッチリ捕らえてますネ!
お胸の真っ白な羽毛がCutev-344
(さ・・・触りたいv-356
リンゴも美味しそう

金木犀の香りに街中が包まれる、この季節が大好きですv-521

ところで・・・
驚きました、緒形拳さんの訃報v-409
ドラマとして最後に見たのは大河の 「風林火山」 でしたが、台詞の滑舌がちょっと危なっかしくて
「緒形さんも歳とっちゃったナァ」 くらいにしか思ってなかったのだけれど、今思えばその頃から
もぅお具合が悪かったのかもしれませんね。
(ナニワ金融道の金子社長役、大好きでしたv-393

ご冥福をお祈りいたします。

♪あぶりんさん♪

北海道では、ゴジュウカラを普通に見られるんですよね!
羨ましすぃ~~~^^
短い尾っぽが丸さを強調しているようで私のツボです♪
五十肩の鳥・・・それじゃー飛べないじゃん!(爆)

北海道は、一足先に紅葉を迎えているのかしら?

♪なつままさん♪

やっと念願かなった~!なのでありますf(^▽^;;
他の鳥では出来ない、樹を逆さの姿勢で移動する様子を見られ
たのが何よりも嬉しかったな~♪

ゴジュウカラもそうですが、植林された針葉樹ばかりの山では見
られない鳥って多いですよね~。人にも動物にも広葉樹は無くて
はならないのに・・・山を見る度に思います。

名前の由来は、えいと@さんへのコメ返しに書いたので、良かった
ら読んでみてください。
あと、背中の羽はゴイサギより明るめのブルーなのでごじゃります。
暗かったので色が綺麗に出なくて・・・汗

♪桔梗屋さん♪

キンモクセイが、どこからともなくフワ~~~と香って来るよう
になりましたね~。
この花の香りがすると、いよいよ冬も目の前!という気がします^^;;

そうそう、緒形拳がね~~~。私もビックリでした!
NHKの自然スペシャル「プラネットアース」で秘境へ行ったり、
深海に潜ったりと元気だったのに・・・やっぱり70代には過酷だっ
たのかしら( ̄ー ̄;;
ポール・ニューマンも先頃亡くなってしまったし、名優と言われ
る人達がドンドン逝ってしまいますね(T_T)

ゴジュウカラ

 こんばんわ。ゴジュウカラはおしゃれな配色ですね。あと木の幹のとまり方も「よくこういうとまり方できるなぁ」と思います。
 シジュウカラもネクタイといい背広着ているみたいで自然の芸術みたいのを感じます。
 なき声も可愛いし。最初の写真を見て最初シラカバかなぁ、と考えてしまいました。
 あとリンゴが実にうまそうだ、と思いました。リンゴの色もいいです。
 話は変わるけどカワラヒワの羽も持っています。実は私も最初はなかなか拾えなかったです。わりといるのになかなか一枚の羽は拾えない、でも拾うと嬉しい鳥さんです。見てもいいしなき声もいいです
 羽を探しにいく時、あまり欲をかかない、ガツガツしないことが大切だと思います。
 心が「いい羽ひろわなきゃ!」とはやっていると全くあたりがないです。あまりあてにしていないと意外に拾える事もあります。
 運も関わると思いますが、野鳥の事を日々勉強したり、記録したりする事など日常の小さな努力も大切だなぁ、なんか羽拾いを通じて自分自身、人生勉強してるみたいで。
 たまてんさんもカワラヒワの羽を拾えるといいですね。
 

♪カワラヒワが好きさん♪

ゴジュウカラ、美しい羽を持った愛らしい鳥ですよね♪
今年は「見たい」と思っていた鳥に随分会う事ができました^^
写真はダメダメですけどね~~(汗)

羽は、ひょんな時に目につくものですよね。
邪心満々だと鳥に会えないのと同じなのかもしれません^^
あまりガツガツしないのがポイントだと私も思います。
拾った羽が、何の鳥の羽なのか・・・それを調べるのも楽しい
ので、のんびりやってます^^

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。