プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081022_love-song_05.jpg

20081022_love-song_03.jpg

20081022_love-song_04.jpg

20081022_love-song_01.jpg
マメさんの歌は普通の文鳥とはちと違うのです。
くちばしをカチカチ鳴らしながらのジャンプに反応した
ヤマトですが、「チョビ~、マ~メちゃん♪」を聞いた
瞬間ポカ~ンとしてました。


ポプの歌と、その歌い方を真似て歌う兄弟文鳥のさえずり
しか知らないヤマトにとっては、「なんじゃそりゃ?」
だったようです^^;;
(今は、これがマメさんの「歌」と理解している様子)

ちなみにポプの歌は、小さくピチョイピチョイと始まって
次第に大きく。サビ部分のヒーヨヒーヨは、やや高音で歌っ
てました。
フルコーラスになると結構長めなので、マメさんの歌は非常
に短く感じます。
20081022_love-song_02.jpg


<< 活気づくヤマト | ホーム | その新たな展開とは・・・ >>

コメント

うわっ、こんな歌声が聞こえてくるなんて、たまてんさん、いいな~
楽しい歌声ですね。
みんな違うからそれが個性?ですね。
こちらにまで聞こえてきそうでした~(笑)
賑やかになりましたね(^_-)-☆


こんにちは、えいと@です。

文鳥によって歌い方って違うんですねー。
おもしろいですね~。
どうやって自分の歌い方を決めるんでしょうね?

…えーと。
マメさん(ヤマトちゃんと同じ種類の)がオスなんですね?
も1羽の文鳥さんはメスですか?
マメさんはヤマトちゃんに求愛したの???

 えいと@


♪なつままさん♪

人間の言葉(彼にとっては歌)を発する時は、九官鳥に似た声になっ
てますよ。
とっても不思議な感じがします^^
背後でつぶやくように「チョビ~~」と聞こえた時は、他人が部屋
に入って来たのかとドッキリしました(笑)

ブンチョ様は 言葉も真似できるのですか!
す、凄いハケーンです。
ブンチョ様のファン度アップです。

♪えいと@さん♪

>どうやって自分の歌い方を決めるんでしょうね?

父親文鳥や先に居た雄文鳥のさえずりなど、成長段階で身近に居た雄を
お手本にしながら、独自にアレンジしていくようですよ。
ペットショップでカナリアの近くに置かれている文鳥などは、凄くキレ
イな歌声を披露してくれたりします^^
マメさんの場合は、飼い主さんの呼びかけをお手本にしたのかな~?^^


>マメさんはヤマトちゃんに求愛したの???

秋から冬、春先までが文鳥の繁殖期なので、真剣に求愛をする、しない
に関わらず、この時期の雄文鳥は求愛ダンス&歌を毎日のようにするん
です。で、お互いの相性が良ければペア成立なのですが、ヤマトとマメ
さんはどうかな~~?微妙です。
なんせヤマトは、もうじき7歳になるババアですからね~(´▽`;;

ちなみに、文鳥の種類&性別はこうなってま~す。
マメさん=シルバー文鳥♂
ニッキさん=シナモン文鳥♀
ヤマト=ノーマル文鳥♀


♪ziziさん♪

凄いですよね!
元の飼い主さんがブログで動画をUPされているのを初めて見た時は
衝撃的でした^^
リズムを付けて呼びかけていたそうなので、「さえずり」として覚え
たのかもしれませんね~。
それでも、文鳥が!!!という驚きは私も同じです^^
生で聞くと益々感心してしまいますよ。

「チョビ~、マ~メちゃん♪」

私も最初ちょびまめさんのサイトで聞いたときにはビックリでしたヨv-407
(確かちょびまめさんとはソレがご縁だったと・・・)

※ 三枚目のヤマトちゃんの画、最高ですw

♪桔梗屋さん♪

朝、夫が出勤してから文鳥ズの籠に掛けている布を外すのですが、
人の声がし始めると「チョビ~、チョビ~、マメちゃん」と早くも
歌いだすマメさん^^;;
凄い存在感を感じますよぉ~~!(笑)

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。