プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090217_shirohara-minuma_01.jpg
クリッとした丸い瞳とオリーブ色が素敵なシロハラさん。
春が色濃くなり始めたら、平地では会えなくなってしまいますね。


ちなみに、前回「羽コレクション」でUPしたシロハラの羽は、
尾の付け根付近のようです。
20090204_collection-shirohara_01.jpg


<< 時間が経ち過ぎてて、思い出すのも大変 | ホーム | バレンタインの思い出 >>

コメント


こんにちは、えいと@です。

春が近づいて来たらどこかに飛んで行ってしまうんでしょうか?
寒いところが好きな鳥さんなのかな? シロハラさんは…。
シロハラさんの名前の由来はお腹が白いからでしょうか?

 えいと@


♪えいと@さん♪

寒い所が好き…の逆で、冬場に温暖な地を求めて平地に
やってくる鳥なんです。
春~秋頃までは山で生活しているので、夏場は山に行か
ないと会えないんです^^;;
でも、夏の山は葉が多くて鳥の姿なんて滅多に見られない
んですよね~(笑)

名前の由来は、えいと@さんのお考え通りです!
もう1種類、同じような鳥で「アカハラ」というのが
いて、そヤツの赤に大して白なんだそうですよ^^

シロハラ&太陽の塔の赤ちゃん

 シロハラの写真きれいですね。瞳がつぶらで本当にうらやましいです。下の羽の写真を見て鳥の本を見たらシロハラも雌は赤茶っぽいのを初めて知りました。シロハラというと雄の灰黒白っぽい感じの個体を連想してしまうので勉強になりました。思い込みはいけないということをここのブログで学びました、どうもありがとうございます。
↑の太陽の塔の赤ちゃんはシュールでインパクトありますね。1970年=万博かぁ。あのころの日本は活気があったのでしょうね。活気、希望あるなしでずいぶん違うなぁ。今は一体何なんだろう。将来に対する希望みたいなものがなくなっちゃたのかなぁ。包装紙とか自分はとっていて、包装の練習とかゴミ箱に使っています。あと羽を洗って乾かす時にしく、とか。あとふと思ったのですがバレン日に小鳥のチョコ云々のコメントがありましたが、本当に小鳥型のちょこ見当たらないですね。小鳥型のお菓子はあるのかしら?と考えてしまいます。「ひよこ」は小鳥型のお菓子だろうか?本当にどうでもいい話ですみません。

♪カワラヒワが好きさん♪

いつもありがとうございます(^ー^)

生き物は同じ種類でも個体差で色が濃かったり、薄かったりと、
パッと見では区別がつかない時もありますよね。
私も色々な方のブログやHPで勉強させてもらってます^^

1970年前後は、経済成長まっしぐらの時代だったのもあって、
前向きだったんだと思います。
経済の発展が行くつく所までいってしまった今は、いかに維持す
るかが鍵ですよね。でなければ、益々景気は落ち込み、明日に希望
を繋げるなんて出来ません。
いつまでもバブルを引きずっているような物の考え方を捨てない限
り、デフレスパイラルは終わらないでしょうね~。
上に立つ人間には、これまで以上にシッカリしてもらわないと!

小鳥のお菓子・・・可愛く作れたら、それはそれで人気を呼びそう
ですよね~~^^


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。