プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090311_o-konohazuku_01.jpg
都心の公園にフクロウ(オオコノハズク)がいると
話題になっていますね。
かなりの人が殺到しているそうですが、マナーも
問題になっているようです。
目を開けている写真を撮りたいが為に、中には物を
投げつける不届き者もいるとか。
どういう神経をしているのでしょう?
恥を知れ!!!

<< お約束 | ホーム | お掃除ロボット >>

コメント


こんにちは、えいと@です。

これって許せませんね!
いい写真を撮りたいがために…何てことするの!(怒)
カメラマンとして恥ずかしいですね!

三脚を立ててはいけないところで三脚を使ったり、人の前に陣取ったり…。
マナーが悪いカメラマンが多くなった気がします。
デジカメが出回って、誰でも気軽に写真が出来るようになった=写真の人口が増えた=マナーが悪い人が目だつようになった。
…こういうことなんでしょうかね…?

悲しくなりますね。。。

 えいと@


やっぱりねTT

そうぢゃないかと思っていました。
翡翠さんのいる池もカメラマンに遠慮しつつ散策・・・・本末転倒ですね。

♪えいと@さん♪

眠っている鳥に物を投げつけるなんて、頭がオカシイとしか思えませんよね!
これはもう、マナー以前の問題だと思います(怒)

良い被写体に巡り会えたら、ベストショットを物にしたい!
その気持ちは解りますが、被写体となる生き物に危害を加えるような行動を
取ったり、周りの人を不快にさせる身勝手な行動には我慢がなりません。
写真を撮るのは人との競争ではない筈です。
カメラの楽しさを共有できるように、互いが一歩引くぐらいの余裕を持って
欲しいものです。

♪zizi さん♪

そう、「やっぱりね!」なんですよ。
コッチに○○が来た!と言えば、ワーと群がり、
アッチに○○がいる!となれば、これまたワーと群がる。
挙げ句、人と違ったショットを撮ろうと物を投げる・・・
生き物が好きで写真をやっているとは思えません。
一カ所に陣取って、他人を威圧する人って何なんでしょうね?

物を投げる!?
信じられん!!
こういう不届き者がいるんだね。
都会にフクロウが暮らすのは大変なんだから
そっとしておけバカども!と言いたい。
こういう人は、本当に鳥が好きなのか疑問。
ほんと、変な人がいすぎ!
マナーも何もない人は禁固刑じゃ!!

本当に鳥が好きなのか?

 この記事を見て悲しくなりました。せっかく都心にオオコノハズクがいるのにいい写真をとるために物を投げる奴がいるとは。
 野生のフクロウ類は少ないし、生き物だしデリケートそうなので物を投げる人はさすがに居ないと思ってたのですが・・・。本当に鳥、フクロウが好きな人はそんな事しません。いい被写体があればいい写真をとりたい気持ちもわかりますが、人としてそこまでやっていいものかどうか。
 都心の公園にオオコノハズクがすんでいる、とはご飯とかどうしているのか、なぜそこに(都心)にきたか、カラス対策?はアオバズクはくるかしら?色々興味もわいてきます。何とか無事にすごしてほしいです。トラフズクは見た事ありますがオオコノハズクは見た事ありません。トラフは小さくて黄土色と茶色の迷彩柄の猫ダルマみたいでした(頭を後ろ向きにした背中に顔をつっこんで寝ていた)

今晩は!
オオコノハズク、私もたまたまいつも参加している自然観察会が明治神宮であったので
見てきましたが、寝ている姿は良いものでしたよ。
その日の朝早く撮ったお写真を見せていただきましたが、確かに素敵な写真でしたが、
私達は自然の中で生活している生き物たちの姿をほんの少し垣間見せていただいて
いるのだという気持を忘れてはいけませんよね。

缶を投げるなんていう事は、もう論外ですが、トラツグミのダンスを楽しく見ていた時に、
カメラマンが”もうそのポーズは見飽きたから、誰か向こうから来て、飛び立って枝に
止まってくれないかな?と言っていたのには吃驚!

その後に、同じ公園でマンサクにウグイスを撮る為に究極のヤラセ工作をしている
人たちも見て、ははーん美しい写真にはこういうカラクリがあるのね~と。

私の行く公園には、どこもカワセミがいますが、カメラマンさんはほとんどいません。
背景がよくないかららしいです。おかげでカワセミさん独り占め!ありがたい事です。(^_-)

♪ちょびまめさん♪

物を投げる人がいると聞いた瞬間、激しい怒りを感じました。
同じ事をその人間にもしてやりたいです。
都心に珍しい鳥が来ている。それを間近で見られた。
それだけで大きな収穫なのだから、浅ましい欲を出すな!
ですよね。
こういう人って、人と違う事にばかり執着して生き物の生態を
知ろうとはしないんですよね。
それが尚更腹立たしいです。

♪カワラヒワが好きさん♪

猛禽類やフクロウ類は、ただでさえ個体数が少ないのだから、少しは
考えろ!ですよね。
こんなバカな事をする人が「鳥が好きで写真撮ってます」なんて言ったら、
速攻パンチです!許せません。
きっと他の鳥に対しても同じような事をしているに違いない。

フクロウが来ているこの公園は他と違い厳しく管理されている(はず)
なので、餌となる小動物も多く生息しているのだと思います。
他にも珍しい鳥がやって来るので小さなオアシスである事は間違い
ないはず。だからこそ、人間はもっと生き物に配慮しなければなら
ないのだと言いたいです。

トラフズクかぁ~~、凄いですね~^^
野生の中で見つけてしまうカワラヒワが好きさんは本当に凄いです!

♪おさんぽさん♪

>私達は自然の中で生活している生き物たちの姿をほんの少し垣間見せ
>ていただいて いるのだという気持を忘れてはいけませんよね。

本当にその通りだと思います。
ただでさえ生き物達の生活の場を奪っているのですから、「そっと見守る」
ぐらいの気持ちで写真を撮って貰いたいですよね。
トラツグミのダンスだって、それが彼等の基本行動なのだから、それで
十分ですよね。
見飽きたのなら帰れば!て、私なら言ってしまうかも^^

カワセミが居る公園の背景が悪いなんて失笑ですね。
そんな光景にしてしまっているのは私達人間なのに・・・
なんだかな~。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。