プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も姑から「さくらんぼ」が届きました♪

大変と美味しゅうございます、お義母さま!!!
お礼の電話をかけたところ、
「息子に伝えて」
と、こんなお言葉を頂きました。
20090621_sakuranbo-2_01.jpg
つまり、親より長生きしろ!!!て、ことだべさ。
息子の健康を気遣う母の思いであった。

・・・ふふふ。
お義母さんだったら、放って置いても100歳まで
生きそうですよ。
私の方が先にリタイアしそうですわ^^;;


<< 本当は、違うんだな~^^;; | ホーム | やっちゃったね・・・ >>

コメント

鶴は千年 亀は万年…
そして 姑は 億年?????
って 続くのかと思った (笑)

親よりも長生してね…だけなの?
わたしゃ てっきり…
そろそろ 同居よろしく!って
宣告されているのかと思ったわ (^_^;)

さくらんぼ 美味しゅう頂けて
ヨカッタでございますね~
たまてん 奥様~~♪

♪あぶりんさん♪

同居云々は結婚当初から言われ続けていますよ~ん。
でも、東京以上に仕事がありませんからね、山梨県は。
なので、同居はひとまず置いといて…
て、感じかな( ̄▽ ̄;;

夫が定年を迎えるまで、とにかく元気で「待ってるわ!」
そんな気合い十分の義母上です^^

自然に囲まれた場所での生活だから、ストレスの多い
環境に居る私達より長生きなのは確実・・・(?)
それがある意味不安なのかもしれませんね~。

さくらんぼ…美味しかったの~~!
でも、今年は不作だそうですよ(>_<)

にゃは(^・^)
相変わらずいいキャラしていますね、お姑さん。でも本当はこういうお姑さんが良いと思います!
私の様な一見良い人風のお姑さんは手ごわいですぞ!(^_-)-☆


こんにちは、えいと@です。

日本の舅姑さまって、どうして同居を希望するのでしょうね?
一緒に暮らしていいことなんてないのに。。。
男の子の親の方がそういう傾向が強いような気がしますね~。
年をとったら不安になるのはわかるし、子供が近くにいてくれたらうれしいのはよーくわかるけど、
近所に住んで、ちょくちょく顔を出す…ていうくらいが一番いいのにね。
その方が嫁姑のトラブルもないような気がします。

たまてんさんは、旦那さまのご実家ではくつろげていないんだし できるだけ同居は避けていきましょー。
旦那さまが定年を迎えたとしても…ね。
別居でも親孝行はできますし。

さくらんぼ、いいな~~~。うらやましー。
アメリカのチェリーもおいしいけど、日本のさくらんぼには勝てませんね!

   えいと@


♪おさんぽさん♪

>私の様な一見良い人風のお姑さんは手ごわいですぞ!

おぉ、ドッキリ発言でございますな~(笑)
「真綿に針」そんな恐ろしさが漂います^^

人間関係で一番難しいのは、ひょっとしたら嫁姑の関係
かもしれませんね( ̄▽ ̄|||

♪えいと@さん♪

>近所に住んで、ちょくちょく顔を出す…

そうですよね~、「スープの冷めない距離」て言葉がある
くらいですから、ほどほどの距離感が双方にとって理想
的なんですよね。
(実の親とだって住まいは別々の方が快適ですものね)
同居となると嫁は気を遣いっぱなしだろうし、
いつも監視されているような気分になっちゃいそう^^;;

そして、夫側の親の方が同居を強く希望する傾向にある
のも不思議ですよね。
嫁は出しゃばらないし、気を遣ってくれるものだという
考えがあるからかしら???
例えば・・・出口が見えない話しでも嫌な顔せずにズッ
と聞いてくれるとか?(笑)
実の娘だと「何度も聞いた」とか「後にして」等々、
容赦なく途中でブチ切りますからね^^
何よりも、娘は実の親に威張る!(←私もそうなので…)
これが親にはシンドイのかも(笑)

さくらんぼ・・・自然の甘みがギュッと濃縮されて、
とっても美味でしたよ♪

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。