プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋の気配が色濃くなってくると、お馴染みの行動が
見られるようになりますね。
そう、文鳥の隙間散策!

ニッキ&マメさんもそれなりに隙間が気になるような
のですが、おっかなビックリ覗く程度。


ヤマトやポプのように、突進してチャッカリ占領!
という図々しさは、まだ見られません。
お行儀が良いのね^^;;
20091001_sukima_02.jpg

<< ハクセキレイ御一行様 | ホーム | 電話をかける気配なし >>

コメント

こんにちは

ブンちょさんたちは寒くなったのかな?
我家の秋から冬の風物詩は、猫団子もどき
まだまだ団子とまではいかず・・・
おしりとおしりをくっ付けて眠るところ
までですが。(^_^;)

そうそう♪

くつろいでいるときのパジャマのボタンとか。
何が面白いのでしょうね♪

もぅブンチョ様にヒーターは入れられました? ぴーも換羽なので 60W入れてみました。

早いものですね~
ほんの数日前まで暑かったのに、
急に寒くなりましたよ。
ペットヒーターも出さなければ。
今年は寒い冬になるんでしょうか。
気候が変だから予測できませんよね。


こんにちは、えいと@です。

へぇ~。
こんな風によってくるんですねー。かわゆい~♪
うっかり寝返り、できませんね~。

他の方のコメントを見てると、文鳥ズのためにヒーターを入れるのね?
寒がりさんなんですか? 文鳥って。

  えいと@

寄ってくるなんてかわいい~。
きゅうはぴーに夢中だし ぴーは指や
モニターの隙間しか興味なさそうです。
なんなんでしょ。

以前、我が家では隙間を、人口的に作っておりました。
着なくなったジャンバーについてたフードを取り外して
前と後ろ逆にして首に巻きます?
つまり、顔の下に、フードを持ってくるわけなのです。

粟穂を中に入れて、たまにサービスするせいか、わりと好評でした。
でも時々、アゴや首筋に突きが入って、ちょっと忍耐がいりますヨ(笑)

ハムスター飼ったことないですけど。。。
小動物には人気のスポットになること請け合いです~(^^)Ь

♪おさんぽさん♪

これから春先にかけてが文鳥の繁殖期になるんです。
(元々熱帯の鳥なので、繁殖期となる季節が日本では冬になります)
なので、巣に良さそうな隙間を探して回るのが本能なのだ
と思います^^
温かいと感じているのも事実でしょうけれど(笑)

冬の寒い日は、毛皮のある動物の温もりが嬉しいですよね~^^
実家の犬が懐かしいです。


♪ziziさん♪


保温対策として梱包用のエアパッキンを籠にセッティング
しただけで、まだヒーターは入れてませんf(^_^;;
でも、今週は雨ばかりで冷え込むみたいだからヒーター出
した方がイイのかな???

ぴーちゃん、換羽が始まったんですか~~。
今回は座布団もって走り回らずに済むとイイですね^^;;


♪ちょびまめさん♪

寒さ、暑さも彼岸まで。
とは、良く言ったものですよね~。
すっかり涼しくなって、時々寒いぐらいですよね~。
今年の冬は平年並みと言っていたような気がしますが、
ここ数年の長期予報はハズレまくりですからね、どうな
んでしょう?

我が家ではまだヒーター出していませんが、慣れさせる
為にも、目につく場所に出しておいた方が良いかしら^^


♪えいと@さん♪

文鳥は元々熱帯地方の鳥なので、日本の寒さにはあまり
強くないと思われます。
なので、ヒーター等で保温してあげるのが一般的な
飼い方とされているんですよ^^

人に寄って来て服の隙間をチェックするのは、巣に適し
ている場所か否かを見ているのだと思います。
これも本能!笑
(本来、繁殖期となる季節が日本では冬になる為)



♪tunnさん♪

ぴーちゃんもきゅうちゃんも我が道を行くタイプですね!
なんて男らしいのかしら!!!

ところで、きゅうちゃんの求愛ソングはお馴染みですが、
ぴーちゃんもこの時期には求愛ソングを歌うんですか?
今度ぜひ、動画でお願いしますm(__)m


♪tooko36さん♪

パーカーのフード等は人気スポットですよね~^^
性格上、躊躇する子もいますがほとんどの子が好んでいた
ように記憶してます。
↓過去記事
http://tamaten.blog79.fc2.com/blog-entry-13.html

実家で飼っていた文鳥は、襟元からそのまま服の中へダイブ
して、そのまま出て来ない子でした。
時々、勢い良くお腹を突くので「ウッ!」となったり(笑)

>アゴや首筋に突きが入って、ちょっと忍耐がいりますヨ(笑)

文鳥のふわふわの羽毛と体温を感じられ、飼い主にとっても
嬉しいひと時ですが・・・ほんの少し、摘む程度の量(?)の皮
膚を噛むのは勘弁して欲しいですよね^^;;


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。