プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20100729-00000002-maip-soci-thum-000.jpg
幻のキツツキ ミユビゲラ 
北海道大雪山国立公園内にて生息が確認!!!<参照記事>


1992年以降見つからず、絶滅したと思われていた「ダイトウウグイス」が、
2008年5月に鹿児島県・喜界島で78年振りにその繁殖が確認されたのに
続いて、なんとも嬉しいニュースです^^

コゲラよりも若干大きいサイズのミユビゲラ。
日本固有の亜種だそうで、モノトーンの配色がシックですな。
そう言えば、セグロセキレイも日本固有種で、こちらもモノトーン。
面白いな、日本固有の種はシックな色合いが基本なのか?(笑)

冗談はさて置き、同じキツツキでも一定数をキープできるコゲラと
ミユビゲラの違いはどこにあるのだろう???
それがハッキリしたら今後ミユビゲラの個体数は増えるだろうか?
自然が多く残ると思っていた北海道でも、野生の生き物には生息し難い
環境となっているのが忍びないです。


<< 不思議な浴衣姿 | ホーム | 小さいなっ >>

コメント

おー 嬉しい発見ですね。

ヒトと野生動物の共存は,人間の努力なくしてはありえないのですよね・・・。
環境の変化に素早く適応できる生物と,そうでない生物の違いって何なのでしょうね。
今回の発見は,環境に適応して個体数が増えたためなのか――
地球規模で気候が変動している今は,滅びゆく種が,長い目でみて進化の過程で避けられないものなのか,ヒトの影響によるものなのか,見極めと対策が必要でしょうね。
大半が後者だと思うけれど・・・。

地道な活動と研究を続ける方々には,本当に頭が下がります。
この成果が普通に暮らしているつもりの,わたしたちのところにおりてきて,暮らし方や考え方を具体的に見直すきっかけにつながるとよいなぁ。



そういえば

日本の固有種はモノトーンが多いですね。
目立たないことで、天敵から身を守っているのかもしれません。
コゲラちゃんとミユビゲラ似てますが、たぶん性質が違うのでしょう。
チマチマと小さい方が天敵の目を逃れるのに有利な上人の近くでも、生息できる逞しさが強みなのかも?

それから、エナガやシジュウカラと混群を作って、天敵を翻弄する業も見逃せないと思います。
やっぱり、小さいことはいいことだ・・・と思いますね^^




も、図鑑で見た時から惚れてましたv
昨日だったか一昨日だったか、新聞に載ってるのを見てキャーってなりましたもの~♪

でもその数秒後には、ぞろぞろとその森に入っていくカメラマンが脳裏に浮かんでウエーって(笑)
このミユビゲラがどこに居たか、遅かれ早かれ情報が流れ出ますでしょうし。
実際、北海道の森を訪れる野鳥カメラマン(特に団体)のマナーの悪さは半端無いそうです。
や、北海道に限りませんけどね!^^

そっとしておいてあげてほしいなぁ(>д<)


こんにちは、えいと@です。

絶滅したかも…って思われていた鳥さんが発見! 
これは嬉しいニュースですね~~~。
日本の固有種、守りたいですね♪


ところで、民主党への電話攻撃は切られちゃうんですか?
なんつーひどい。。。
国民の声は無視ってことなんですかね!(怒)

電話をする場合、攻撃的にするのではなく、
「支持者(ウソ)ですけど、謝罪、賠償反対の声をあちこちから聞くんです~。
民主党さんには頑張って欲しい(大ウソ)ので、謝罪談話は取りやめていただきたいのですけど~」って丁寧な口調で言った方が効果的かも…。
あとは外務省にメールですかね~。
謝罪の文面は外務省の官僚が作るんですよね? 違ったかな?
他には、昨日から臨時国会が開かれたので。自民党の議員さん、たちあがれ日本の議員さんに発言してもらうよう働きかけるか…。
何か、方法を考えないといけませんね。

ホントにボヤボヤしてたら日本は今後100年謝罪、賠償を続けなくてはならなくなってしまいますぅうぅ~~~。(涙)

     えいと@



♪miikoriverさん♪

北欧やロシアでは普通に見られるミユビゲラが、なぜ日本では
絶滅に瀕しているのか?
環境に適応できずに数を減らしたのではなく、実は日本を見限っ
て多くがロシア方面に移動したからでは?
と、思ってしまった私^^;;

北海道で生息が確認されたという事は、ミユビゲラにとって
住みやすい環境が戻りつつあるという事なのかな?
色々と疑問が湧いてきますが、幻だった鳥が再び日本の地で
確認できた事は非常に嬉しいですよねっ♪
これから徐々に確認される数が増えてくれればと思います。

>ヒトと野生動物の共存は,人間の努力なくしてはありえないのですよね・・・。

本当に、その通りですよね!!!
ひとつの種を絶滅に追いやる事で徐々にバランスが崩れ、いずれは大きな
崩壊を招くという結果にならないよう、知恵を持つものが歩み寄り、道を
作って行かなければなりませんよね。
徹底的に自然を壊して来た人間には、大きな責任があると思います。

♪tooko36さん♪

日本では、採餌や営巣に適したトウヒ類(エゾマツ等)の老木の伐採が
進んだことが、ミユビゲラを絶滅に近づけてしまったようです(TーT)

ここ最近では、各場所でカミキリムシの駆除剤が使われているので、
餌が激減しているというのもあるかもしれませんね~。
これはミユビゲラに限らず、コゲラやその他のキツツキにとっても
悩ましいことです。

比較的何でも食べるコゲラに比べ、ミユビゲラは餌に偏りがあるのかな?
そういう性質だったら、餌となる昆虫の生態や生息環境も含めた研究と
自然保護が必要ですよね。

♪すずめさん♪

>も、図鑑で見た時から惚れてましたv

おおぉー、さすがはすずめさん!!!
私は今回のニュースで初めてその存在を知りました(汗)
こんな素敵キツツキが日本にいたなんて・・・


森にゾロゾロ入って行くカメラマン・・・
嗚呼、絶対にそうなりますよね~( ̄△ ̄|||
マナーも頭も悪い、金にものを言わせてるような似非カメラマンって
ホント嫌っ!
自分達がどれだけ動物にとって迷惑か考えて欲しいですよね。



♪えいと@さん♪

小さな可愛い鳥が、懸命に生きている姿にホロリです^^
これからの研究と自然保護に力いっぱい期待したいですわ。


>ところで、民主党への電話攻撃は切られちゃうんですか?

民主はことごとく国民の声を無視する政党のようですよ。
たらい回しにした挙げ句、ガチャリと電話を切られたと言う人が
いました。(信じられない!)
外交に関する事は全て外務省が準備をするハズなので、謝罪文の
作成も外務省が手がけるのだと思います。
しかし、外務省で意見を受け付けてくれるのか???
やはり保守系の野党に働きかけるのが一番なのかもしれませんよね。

あ~~、なんて酷い政権なんでしょう!
内戦が起きてる訳でもないのに、国民が幸せに暮らせないなんて(`皿´)

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。