プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20110513_huji no hana2-2_01
五月待つ 山郭公 うちはぶき 今も鳴かなむ 去年のふる声
--読人知らず--


五月を待っているホトトギスよ、そろそろ出番が近づいた。
さあ羽ばたきをして去年と同じあの声を聞かせて欲しい

20110513_huki no hana2_01


20110513_kiri_01.jpg
みどりなる広葉隠れの花ちりてすずしくかをる桐の下風
--小沢蘆庵--


桐の木の下を風が過ぎると、緑色の広い葉に隠れている花が散って、涼しげに薫る。


20110513_rindo_01.jpg
昔見し春は昔の春ながら
我が身ひとつのあらずもあるかな

--清原深養父--

昔経験した春は、昔の春そのままであるのに、我が身だけは変わってしまったなあ。
(老いの嘆きを詠む)


<< 厳しい現実 | ホーム | 元気で何より・・・デス^^;; >>

コメント

こういう歌をきくと人の生活は変わってないのだなと思います。
深い・・・
先人から学ぶべきですね。
花のキレイな季節ですね。
今年は桜もほかの花も眺める心の余裕がなくて、すべて通り過ごしてる感じです。

ちょびまめさん

思ふこと 言はでぞただにやみぬべき
我とひとしき人しなければ --在原業平--

[語訳]
思ったことは言わないで、そのまま口を閉ざしてしまった方がよい。
自分と同じ心の人などいないのだから。

↑この歌を目にした瞬間、深く頷いてしまいましたわ。
大地震、津波、原発事故…これらの事を考える自分と
同じ気持ちの人などいないよな~。てね^^;;

どのような背景があって作られた歌なのでしょうね~?

ちょびまめさんの気持ち…解ります!
景色の全てが灰色に見えてしまいますよね。
常ならば、穏やかな春の日差し…のハズだったのに、今は
放射能に覆われているんですものね。
ときどき、涙がにじみます。


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。