プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■幼小中で「粗食給食」--福山市教委 浮いた300万円寄付へ--

東日本大震災の被災地で給食の提供さえままならない状況に思いをはせようと、
福山市教委は5日、市立の小中学校、幼稚園の給食で、通常は1人245円の
食材費を145円に抑えた「粗食献立」を行った。約3万人分で、浮いた
約300万円は復興支援のために寄付する。

献立は、ご飯と豚汁、味付けのりと牛乳だけで、子どもたちが一番楽しみ
にしている主菜はなし。福山市木之庄町、市立樹徳小の2年2組では、
主任栄養専門員の今川京子さん(53)が「この献立でさえ出せない地域が
あった。同じ小学生の苦労を考えて」と呼び掛けた。子どもたちは「大切に
残さず食べます」などと発言し、給食を平らげていた。
(略)
 宮城、岩手両県などの被災地では調理施設が被害を受けたため、パンやお
にぎりと牛乳だけの「簡易給食」を続ける学校が相次いだ。
(2011年9月6日 読売新聞)


待て、待て。
これは児童虐待なんじゃないの?
食べられる環境にある子供に、わざと食べさせないのはおかしいよ。
しかも、この寄付に関しては親の了承を得ていないという噂も…。

「被災地に想いを馳せよう」というなら、毎日当たり前のように
食べられる有り難みをシッカリ説けばいいと思う。
被災地にレベルを合わせて「可哀想」を押し付けるのは、教育でも
何でもない単なる自己満足としか思えません。
一日だけの体験ならまだイイけれど、それにしたって事前に親の承諾
を得ないと言うのも疑問だわ。
「給食費」という形で収めているお金を勝手に別の目的に使うのは
ルール違反。
寄付をしたいなら、教師の給料から天引きにすればいい。

そして、被災地が未だ食べ物に困っているのなら、それは政府の責任。

育ち盛りの子供にシッカリとした食事を与えない行為を“美談”の
ように扱うマスコミもどうかしている。


鳥でさえ、育ち盛りの子には沢山食べさせたいと思ってるよ

<< 身だしなみ | ホーム | ちっちゃな手(?) >>

コメント

戦時中かよ!
あぁ~麗しき教育だ。
この話は、一見美談に聞こえるけど、
たまてんさんの仰る通り、親などと連携してやるべき。
これは教師の自己満足だよ。
被災地の簡易給食を思うなら、調理できる環境のサポートをしたら?
お金あげてハイさよならってのもねー
この学校の教師は全員でボランティアに行くべき。
なんか上から目線の寄付に感じてしまうのは私だけか?
いまの日本はヘンだよ。
国や県知事、区市長は生産者を守ることばかりで給食に汚染食材を出し、
広く浅く国民全部を被爆させることに熱心で、
根本的な復興や改善はまったく考えていない。
その場限りの対応しかしてないのが現状。
で、あの赤十字の義援金、いったいどうなったの?


ちょびまめさん

ほんとにね、いつの戦時中だよ!て、気がします。

被災された方、被災地はもちろん気の毒だし、支援して行かなけ
ればならいのは百も承知。
でも、その支援の仕方がオカシイんですよね!
放射能汚染をバラ撒いて、皆一緒に被爆しましょう。
て、そんなの支援でも何でもない。ただのキチガイ。

除染&汚染拡大の食い止めをし、希望する農業従事者には
新しい土地への移転、土地提供を充実させるなど、放射能の
影響を少なくすることこそが支援なのに。
海外では、日本の食品を受け入れてもらえないという現実を
どう解釈しているのでしょうね。
真っ当な判断・行動を取らなければ共倒れです。
保証も何も無くなってしまうし、海外からも情けすらかけて
もらえなくなってしまうでしょう。

>で、あの赤十字の義援金、いったいどうなったの?

噂によると、福島県は一部返金したそうですよ。
なんか、良く解りませんわ・・・


こんにちは、えいと@です。


この記事を読んで…私も「???」って思っちゃいました。
寄付って言うときれいに聞こえるけど…。
子供の給食の献立を削減してまですることでしょうか…?
「子供が一番楽しみにしている主菜をなくす」って…これっていいことなの?

この間「夫のランチ」の記事で書きましたが、
http://eight-americann.seesaa.net/article/223367038.html
日本の給食ってすばらしいんです。
家庭によっては朝食をきちんと食べさせてもらってない子供もいるかもしれない。
そういう子供でも給食で栄養バランスが取れるのですよね。
アメリカの子供の食生活を見ていると、日本の食育ってなんて素晴らしいんだろう…って思います。
それを奪っちゃうとは…。

しかもさ、親は給食費、としてお金を払ってるわけでしょう?
…中には給食費を払わない不届きな親もいるけどさ。
給食費として払ってるお金を、事前の承諾なしに勝手に寄付に回しちゃっていいの???
開始直前の9月1日にプリントで告知したらしいけど、親の意見を聞く時間もなかったようだし。
こういうのっていいのかなぁ~って思いますよね。

なんか、きれいごとを言って無理矢理なにかをさせるっての、
日教組教育そのものじゃないの?
これを美談としてるんですかね?
…何だかな…って思いますね。。。

     えいと@


えいと@さん

そう、まさにキレイ事なんですよね!

果たして給食の内容を粗末にすることが、被災地を思い
やることでしょうかね?
私が生徒だったら「チッ」と舌打ちして、帰ったら何
食べよう・・・としか思いません。
被災地の事情を理解できる中学生ならまだしも、幼稚園
児や小学生には根本的な「なぜ?」は、理解できないと
思います。
それを教えず、いきなり強行手段に出て「思いやれ」と
押し付けているように見えるんですよね。
「なぜ?」「どうして?」を十分教えたのか、甚だ疑問
です。

被災地の人だって、子供達の給食を「粗末にしてくれ」
なんて、思わないでしょう。

そして、給食費を無断で他の用途に使うのは、ちょっとした横領
と変わらない気がします。
「給食」という目的のためのお金であって、学校が好きに使って
良いお金ではありませんからね。
寄付金を集めたいなら、改めて集めるのが筋です。

こんなメチャクチャな事をしている学校や教育委員会に疑問を
持たない方がオカシイですよね。



コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。