プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070521_yamanasi519_03.jpg

鳥が見られそうなフィールドで私がやるもうひとつの事、
それが四葉チェックです^^;;
見つけるとやっぱり嬉しい♪
そのままの色が楽しめれば最高なのですが、押し葉にする
と必ず色が抜けてしまうのが悲しいです…。なので、見つ
けたらとりあえずパシャッと撮影。

20070521_yamanasi519_01.jpg

こちらはヒメギフチョウ。
かなり数が減っているそうで、保護活動をしている場所も
あるそうです。
そんな希少昆虫とは露知らず、何度も同じ場所に飛んでく
るので暇つぶしに撮ってみたら…「!!!」
一緒にいた夫の興奮ぶりが笑えた^^;;

……土地の開発、道路整備or開通事業などの環境変化に伴
い、その数が激減しているのには胸が痛みます。
元々数が少ないとか、突然変異での希少なら別段問題はあ
りませんが、季節が巡れば当然見ることのできた生き物の
姿が「珍しい」になっていくのは、とても残念な事です。

20070524_yamanasi520_03.jpg

20070524_yamanasi520_02.jpg

季節が約1ヶ月遅れている山では、ちょうどフジが見頃を
迎えていました。
緑の隙間から見える薄紫色。その中で時折、ハッとするほ
ど鮮やかな濃い色もあり、目を楽しませてくれました。
今はもう散ってしまったかな?
新緑の季節はあっという間に過ぎて行きます。

20070524_yamanasi520_01.jpg

<< 花便り | ホーム | 携帯電話が好き >>

コメント

こんばんは、えいと@です。

やっと遊びに来れました~。遅くなってごめりんこですぅ。

ヒメギフチョウ。 これって絶滅種なんですか~。
よく撮れましたねぇ~。
しかもちゃんと羽を広げてるところを! すごいです!

人間が便利に生活するための開発。
ある程度は仕方がないことかもしれないけど、
今まで自然を無視しすぎてたところがありますもんね。
保護をしようって考えるようになったってことは、
人間以外の動植物に優しくなって来ているのかもしれません。
…そう願いたいですね。

 えいと@

♪えいと@さん♪

こんにちは。
時差ボケの方はいかがですか?

ヒメギフチョウ、この蝶が成長する為に必要な植物自
体成長が遅く、幼虫がその葉を食べられるようになる
まで10年かかるんだそうです。種類も限られるらし
く、環境が壊されればあっという間に消えてしまうとか。
食草がなくなれば必然的に蝶も姿を消す…と、いうこ
とだそうです。
また、山野草愛好者なるものが「好きだから」「綺麗
だから」という理由だけで根こそぎ採って行ってしま
うのも山に生える植物を激減させてしまう要因のひと
つで、1種類の植物を頼りに成長する生き物はその影
響をモロに受けてしまう、という実情も…。
環境は建物や道路が造られるばかりでなく、こうした
個人の欲求からも破壊されて行くらしいです(T_T)

>人間以外の動植物に優しくなって来ているのかもし
れません。

本当にそう願いたいですよね。
人間の生活はもう十分快適になったのだから、これか
らはもっと自然に寄り添う形で生活できれば…と、考
えさせられます。

ヒメギフチョウ、名前は聞いたことがあります。
植物でも動物でも絶滅の危機に瀕しているものを思うと、本当に胸が痛いですね。
すべてのものと共存できる地球環境でないと、いつかは人間も滅んでしまうといつも思います。
日帰りなのですが、ひと月に一度絵仲間とスケッチに出かけます。
やはり自然の多い場所が多いのですが、たまに珍しい植物やきれいな花をを見つけたりすると嬉しいですね。
夕焼け雲がとってもきれいですね。
私も空を見るのが大好きで、素敵な夕焼けに出会った時、写真に撮りたいと思うのですが、そんな時に限ってケイタイしか持っていません。

♪モモママさん♪

微妙なバランスで保たれている自然を壊し続ければ、
その中で生きる人間だっていずれは…。と、私も思い
ます。

ミツバチの集団移動に驚いて駆除してしまった、とい
うニュースでもそうですが、大規模な山林伐採や土地
開発ばかりでなく、人間の無知が引き起こす絶滅の危
機にも意識を向けていかないと、真に環境・自然破壊
を食い止める事は出来ない、とも思います。
ひとつの種を保護する為には、その生き物を取り巻く
全てのものを守らなければならない訳ですから、珍し
くもないと感じる草や虫でも一定の数を保つ努力が、
これからは更に必要になると思います。

絶好のタイミングに限ってカメラが無い、とか電池切
れ、てこと私もよくあります^^;;
まさに、何とかの法則ですよね。

w( ̄o ̄)w オオー!
4つ葉のクローバー
子供の頃、押し花にした記憶が・・・
(純だったなぁ~あの頃・・・)

鳥以外、羽のついた生き物が苦手な私です。
蝶の収集とかしてる人の気がしれん!
ってか、採取しちゃダメだろーと思います。汗
人間の自然破壊のお陰で、どんどん失われなくてもいい
命が失われているんですよね。


♪ちょびまめさん♪

蝶の写真、昆虫が嫌いな人には大変申し訳ないです
m(__)m
実は、この蝶を載せるの少し迷ったんです^^;;
そして写真を載せておいて何ですが、私も蝶はアップで
見るのはダメなんです!羽の模様を見る程度ならOKなん
ですけどね…。子供の頃、虫メガネで蝶の顔をドアップ
で見た瞬間「見なきゃ良かった」と、激しく後悔しました。

サンマやいわしをいくら捕っても絶滅しないのと同じで、圧
倒的な数の卵を産むので人間が採集するだけでは本来絶滅に
は至らないのが虫の世界。
でも、都市化による環境破壊&汚染、害虫、益虫関係なく撒
かれる殺虫剤などによって樹木や植物がダメージを受ければ
その影響をモロに受けてしまう為、数が減って行くそうです。
清流のある場所でないと生きられない蛍が代表的でしょうか。

>失われなくてもいい命が失われている
本当そうですよね!
ど根性大根とか言ってる暇があるなら、レッドデーターブック
に載ってる生き物をもっと何とかしろ!て、言いたくなります。

こんな風にいってますが、私別に昆虫マニアじゃないですよ。
念のため^^;;

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。