プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


早いもので、もう10月も後半でございますね。
一ヶ月のなんて早い事か!
気づくとブログにスポンサーサイトが表示され、そんなに放置してたっけ!?
と、驚いてしまいます^^;;


さて、さて、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ナショナルジオグラフィックで
こんな記事を目にしましたのでご紹介。

『ブンチョウは人の音声ニュアンスを判別』
〜ブンチョウはヒトの言葉そのものだけでなく、音声の微妙な違いまでも聞き分ける
ことが、慶應義塾大学文学部の渡辺茂教授らの研究で分かった。(一部抜粋)


□■ナショナルジオグラフィック公式日本語サイト■□
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=00020121023004&expand#title

ブンチョウ・・・侮り難しッ!
そう言えば、わざと低い声で怒ると「ハッ!」とした表情したり
しますからね〜。
飼い主が想像する以上に、こちらの気持ちを読み取っているのかも
しれませんね。

<< 読書の秋? | ホーム | ヤマガラ >>

コメント

お久しぶりで御座います♪


40日間もの放置プレイの間に、
すっかり秋も深まっちゃいましたワよ~!
でもって、ニッキさんv-521
相変わらずお美しゅ~御座いますナぁ☆
羽伸ばしのポーズも決まってマス♪

「文鳥サンは韻律的特徴(プロソディ)が判別できる」

何やら小難しそうな定義だけど
要は声色の変化を聞き分けるってコトなのかな?

フーム・・・・・・・・

そういえば以前、文鳥は
「印象派より幾何学的なキュービズムの絵を好む傾向がある」
という研究発表がありましたけど
視覚のみならず聴覚も 「ブンチョは凄い!」 チューことですナ。^^

それに、可愛らしさも人一倍だし~♪♪♪
(犬猫と比べて割安だし~w)

もっともっと!
文鳥の魅力に気付いて欲しいですよネv-344


早速のコメント、ありがとうございます

桔梗屋さん

お久しぶりでございます(^▽^;;

いや〜、すっかり寒くなりましたねぇ。
彼岸花も終わって、キンモクセイもそろそろ散る
というのだから早いものです。
いつ終わるんだ、この猛暑!と、暑さに喘いでいた
のが嘘のようですわ。

ブログもボチボチ更新していかないとですねf(^_^;;

>「印象派より幾何学的なキュービズムの絵を好む
 傾向がある」 という研究発表がありました

おおっ!そんな研究発表まであったのですか。
なにげにブンチョって高尚なんですね〜〜。
声のトーンや抑揚を聞き分ける能力もあるし、
能ある鷹は何とやら…ですな^^
澄ました顔して、飼い主をどんな風に見ているんで
しょうね(笑)

ブンチョウの魅力・・・
本当、多くの鳥好きは勿論のこと色々な人にも
知ってもらいたいですよね〜〜♪

初めまして、ロビン及びただ今3羽の手乗り文鳥を飼っております。この23日に「ぶん」と言うオスの文鳥を亡くしました。ぶんは、右足が萎えていて、でも私の足がパートナーとなって歩くとトテトテと不自由な足でどこまでもくっ付いてきてましたが、裸足にあの嘴で突っつかれていつも「痛いっ」と大きな声を出すと、暫く離れて下からこちらを伺っていました。その時、文鳥は人の声のニュアンスが分かるのでは?と思っておりましたが、こちらのブログを拝読しまして、確信致しました。でも、もう「ぶん」は天国に逝ってしまった後ですが、彼には私の声の聴き分けができていたのだと思うと、とても不憫です。命あるものはいずれ別れが来るのですが、まだ3歳半でしたので、未だに心が乱れております。貴重な資料を有難うございました<m(__)m>

初めまして

ロビンのママさま

ご訪問&コメントありがとうございます。

最初に「ぶん」ちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

3歳半というあまりにも早いお別れは、とても辛いものが
ありますよね。お心お察し致します。


裸足を突かれ思わず発っしてしまう「痛い」という言葉。
でも、その直後にきっとロビンのママさまは「ビックリさせ
ちゃったね」とか「怒ってないよ」といったフォローをされ
ていたのではないでしょうか?
文鳥が人の声音やニュアンスを理解しているとしたら、
「ぶん」ちゃんはきっとそのフォローの言葉も聞き分けて
いたと思います。そして、そこにロビンのママさまの愛情を
しっかり感じていたと私は思いますよ。

家族の一員であるペットを失った時は、もっと出来る事が
あったんじゃないか?とか、もっと優しくしてあげられた
はず…と、後悔ばかりが先にきてしまいますが、一緒に過ごし
た楽しい時間やエピソードを沢山思い出したり、語ったりし
てくださいね。「ぶん」ちゃんも喜ぶと思います。
ロビンのママさまの側で過ごせた事をきっと幸せに思ってい
ると信じてます。

そして、ロビンちゃんと3羽の文鳥ちゃん達とこれからも
楽しい日々を過ごしてくださいね。


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。