プロフィール

たまてん

Author:たまてん
ここでは、17年飼っていた愛犬や現在一緒に暮らす文鳥のこと、日々のことを気の向くままに綴っていこうと思っています。
最近は野鳥の撮影に夢中!
コメントお気軽にどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ill1.jpg

ill2.jpg


子供の頃、自分が虫捕りに行っていた感覚で言ってしまい墓穴を掘った。


結婚当初、ネットで虫を買う夫が純粋に不思議でした。

既にカブトムシやクワガタをデパートで買う子供の姿が一般的になりつつ
ある頃で、時代の流れとは言え、虫捕りの楽しさすら知らない子供が増え
るのかと思うと、何とも寂しいような哀れなような…。
今の子って不憫だな〜、なんて思っていた矢先、いやまさか自分の夫が虫を
お金出して買っているとは!(とは言っても、外国産の珍しい種類を買って
いただけでした

衝撃的でした。
私にとって虫は捕るものであって、わざわざ「買う」ものではないから。
で、つい発してしまった言葉が「自分で捕りに行くものだ!」
になる訳ですが、果たしてそれが善かったのか・・・ちょっと複雑。

まぁ、私が上記のセリフを吐かずとも、もともと昆虫が大好きな夫ですから
虫屋の仲間入りを果たすのも時間の問題だったでしょう。
がしかし、子供のそれと違い、大人の昆虫採集は果てしない。
その情熱を持って、部屋を片付けてくれと女房は思うのである。


<< 学習 | ホーム | 虫屋の女房 >>

コメント

大変ですねー
ちゃんと付き合うのが偉い!
私は虫が嫌いなので無理です。汗

あの羽のないメスって、どうやって暮らしているのですか?

ちょびまめさん

自分の友人、親戚は、ちょっと家に呼べないかな〜^^;;

昆虫・・・女性の場合、子供の頃は平気だったけれど、
大人になったらダメ。
というパターンも多いですよね〜。私は何故か大人に
なっても平気なタイプでした。
なので、別に虫に対しては何の問題もないのですけれど、
部屋がカオスな状態になる方が精神的に来ます。
博物館並に整然となっていればなぁ〜・・・遠い目。

羽の無いメスは、成体だと多分1週間も生きていないのでは?と、
思います。口も無いので、本当に産卵だけを目的とした構造の
ようですよ。(産卵が終わるまでの間、昼間は枯れ葉の下など
にいるみたいです)

関東も杉花粉の飛散量が増えてきましたね。
春の到来は嬉しいのですが、毎年この杉花粉にはウンザリさせられ
ますね((>_<))

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。